ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

味の幸福買いませんか?炭鉱社員に愛された老舗ラーメン店 特盛もやし&オレンジ色に輝くスープ!

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫
味の幸福買いませんか?炭鉱社員に愛された老舗ラーメン店  特盛もやし&オレンジ色に輝くスープ! f:id:mesitsu_lc:20160414194931j:plain

「味の幸福を売る店」というキャッチコピーが目をひくお店が、北海道岩見沢市にあります。この界隈は昔、炭鉱で栄えたマチ。

鉱山で汗を流し、命がけで働く人たちはいつも腹ペコだったといいます。

「もっと量を多くして」

そんな要望に応えていくうちに、サービス精神旺盛の1杯が誕生しました!

山盛りのもやしに、麺は2玉以上、スープはオレンジ色に輝いています。

分厚いチャーシューはなんと3枚!

しかもお財布に優しい価格帯と、まさに「味の幸福」です。

市民に愛され続けて半世紀。らい久のラーメンをご紹介します。

向かったのは岩見沢市

f:id:mesitsu_lc:20160414194922j:plain

「もっと量を多くして」が口癖になりそうな、メシ通レポーターの裸電球です。札幌から電車で40 分、やってきました岩見沢!

北海道の中でも豪雪地帯として知られるエリアです。

目的のお店、「味の幸福を売る店 らい久」は駅から徒歩10 分ほどのところにあります。

f:id:mesitsu_lc:20160414194923j:plain

駅前に設置された銅像です。強烈に吹雪いています。

腰まで雪に埋まっているのではなく、やっと腰まで雪が溶けたのです。

取材をしたのは3月。これからの季節を北海道民は待ちわびて過ごしてきました。

長い冬がようやく終わろうとしています。

f:id:mesitsu_lc:20160414194924j:plain

アーケードになっている商店街を進むと「らい久」があります。

成人男性でも四苦八苦する量と聞いていたので、

昨晩からしっかりとコンディションを整えてきました。

どんなラーメンが登場するのか楽しみです。

外観からすでに美味しそう!

f:id:mesitsu_lc:20160414194925j:plain

着きました! 渋い外観ですね、歴史を感じます。

看板には例のキャッチコピーが。

これから私は、どれだけハッピーになれるのでしょう。

f:id:mesitsu_lc:20160414194927j:plain

カウンターが数席あるものの、ここは常連さんの椅子取りゲーム状態。

基本的には6 人が座れるテーブルに相席です。

「奥の席いいですか?」

「あ、こっち詰めますよ」などお客さんの距離も近いです。

f:id:mesitsu_lc:20160414194926j:plain

みそ、塩、正油と定番のラインナップが並びます。

熱狂的ファンが多いという、「バターみそラーメン 700 円」を注文しました。

ついに登場! らい久の山盛りラーメン

f:id:mesitsu_lc:20160414194928j:plain

きました、これが噂のラーメンです。

見た目からして、すでに「幸福感」が漂っているではありませんか。

オレンジ色のスープを海に見立てると、中央にはモヤシ岳。

浮島のようにバターやチャーシューが浮かんでいます。

それにしてもすごい量ですね。

f:id:mesitsu_lc:20160414194929j:plain

山盛りで麺が全く見えません。

モヤシ岳が観光名所のようにそびえ立っているので、思わず記念撮影をしたくなります。

高さは10 センチほどあるでしょうか。

f:id:mesitsu_lc:20160414194932j:plain

バターも大きいです。

沈んでいるのでわかりづらいかもしれませんが、クッキーが作れちゃいそうな量です。

f:id:mesitsu_lc:20160414194933j:plain

具材を押しのけ、やっと麺を引き出すことができました。

「サッポロ麺」と呼ばれる黄色い縮れ麺です。

それにしてもたくさん入っています。

壁には「2 玉、200 グラム入り」という表記も。

すごい量ですねと店員さんに話しかけると、

今はだんだん多くなって、

200 グラム以上入っているのではないかということです。

こだわりのオレンジスープ

f:id:mesitsu_lc:20160414194934j:plain

バターみそラーメンには、蜂蜜やゴマ油がたっぷり使われているそうですが、

どちらも旨みだけをガツンと残して、派手な主張はしてきません。

このバランスが非常に難しいそうです。

f:id:mesitsu_lc:20160414194937j:plain

半世紀に渡ってラーメンを作り続けるご主人の戸島さん(81歳)です。

岩見沢の近郊は炭鉱で栄えたマチで、昔は多くの炭鉱会社社員がラーメンを食べに来たそうです。

よく食べる炭鉱社員からの「もっと多く」に応えているうちに、現在のような大盛りのラーメンになったそうです。

さらに炭鉱で働く人たちは毎日が命がけ。

「明日に悔いを残すな」を合言葉のように誘い合わせ、仕事が終わったあとはご馳走をお腹いっぱい食べたといいます。

f:id:mesitsu_lc:20160414194940j:plain f:id:mesitsu_lc:20160414194936j:plain

当時より今の方が多いかもな〜と笑う戸島さん。

届いたばかりの麺をほぐしています。

製麺所に頼めば「熟成麺」も簡単にできるようになりましたが、自分でタイミングを見極めたいという理由から、毎日の仕事だといいます。

ちなみに私が食べたのは、「特大」と呼ばれるこの店ではノーマルにあたる2玉。

さらに上には「特製」という3玉入ったラーメンもあります。

f:id:mesitsu_lc:20160414194935j:plain

もやしの山をやっつけて、麺を1玉、チャーシューを1枚食べて、これです。

今、まさに運ばれてきたかのような量が残っています。恐るべし、らい久!

その時です。

入店してきたお客さんにご主人が一言。

「なんだい、また来たのか!」

f:id:mesitsu_lc:20160414194939j:plain

やってきたのは、休日は必ずここのラーメンを食べるという、常連の佐々木さん。

なんと本日2度目の来店だそうです!

ご主人も驚くという、レアなタイミングに居合わすことができるとは!

さっそく取材交渉し、インタビューさせていただきました。

私「本日、2回目って本当ですか」

佐々木さん「ええ、10時に朝昼兼用でね、特製チャーシュー食べたよ」

私「それって麺3玉に分厚いチャーシューたっぷりのやつですよね」

佐々木さん「そうそう、美味しかったよ〜」

私「今、15時ですよ」

佐々木さん「うん、5時間経ったら食べたくなっちゃってさ」

f:id:mesitsu_lc:20160414194938j:plain

しかも、また3玉入りの特製じゃないですか!

チャーシューもただ売り切れていただけで、抜いたわけではありません。

佐々木さん、この日だけで6玉も!

味の幸福を売られまくっているじゃないですか!

ちなみにこの特製ラーメンは、これまでに50 万食以上出ているそうです。

1 人で600 食は食べている人もいるのだとか。

人々を魅了する幸せの味

f:id:mesitsu_lc:20160414194930j:plain

命がけで働く炭鉱社員の胃袋を満たした、歴史ある一軒、らい久。

地元・岩見沢市民の胃袋をつかんで離しません。

帰り道もホッコリとした幸せな時間が続きました。

またすぐに食べたくなる栄養満点のラーメンです。

是非、岩見沢市のらい久に足を運んでみませんか。

※本記事は、2016年3月に取材しています。内容、金額、メニュー等が現在と異なる場合がありますので、訪問の際は必ず事前に電話等でご確認ください。

お店情報

味の幸福を売る店 らい久 本店

住所:北海道岩見沢市5 条西2 丁目

電話番号:0126-22-2864

営業時間:10:30~15:30(無くなり次第、終了)

定休日:無休

裸電球

書いた人:

裸電球

北海道を拠点に食べ歩き。CATVでグルメ番組のレポーターを担当したことをきっかけに、ハシゴ酒が趣味となる。入りづらいお店に突撃するのが大好き。現在はフリーで、映像制作とライターの仕事をしている。 ブログ:「裸電球ぶら下げて」

関連記事リンク(外部サイト)

食の楽園北海道から、極上の鹿肉ジビエ!【日本全国3,000円以内お取り寄せリレー】

カテゴリー : グルメ タグ :
メシ通の記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。