ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

旅好き男子と今すぐ付き合うべき7つの理由

DATE:
  • ガジェット通信を≫

「3泊くらいで旅行に行きたいね~」と話すあなた。「いいね!じゃあ週末行こうか」と返す彼氏。え!そんな、すぐに旅行って行けるの?と思うくらい、フットワークが軽いのが旅好き男子です。

そんな、旅好き男子に共通する7つの特徴をご紹介します。付き合ったらきっと毎日が楽しくなること間違いなし!

 

行動力がある

「旅行に行きたい!」とずっと頭の中だけで思っていても、自分の足で行動を起こさないと旅行へ行けないですよね?「ハワイへ行きたいな~と思って寝て、朝起きたら突然ハワイに来ていた!」なんて美味しい話は、ないはず!

まず飛行機のチケットを取って、ホテルを予約して、計画を立ててなど、旅好き男子はとにかく行動力があります。

 

女子がここに行きたい!と言ったらすぐに計画して、明日!いや今すぐ!にでも出発できるくらい、フットワークの軽さを持っているのが旅好き男子。

女子から見たら、すぐ行動に移してくれると嬉しいし、口約束でもちゃんと守ってくれるという安心感もあります。

 

リードしてくれる

デート中に「あのお店のご飯が美味しいからここに行こう!」「次はあそこに行こう!」など、引っ張ってくれるはず!

旅行の計画を立てるように、デート一日の流れを立てるのも得意なのが旅好き男子。海外旅行では、その国の治安や情勢などしっかり下調べを怠らないのと同じように、デート前にも下調べをしっかりしてくれます。

 

視野が広い

旅行好きは、とにかく好奇心が旺盛。色々な景色を見たいし、色々な人と出会いたいと思っています。

ずっと同じ場所に居たら同じ景色しか見えないから、他の景色を見てみようと、今自分が居るとことから一歩離れて周りを見渡しています。

その結果、色々なことを知って分かるようになり視野が広がっていきます。自分には知らないことをたくさん知っている男性はカッコイイですよね!

 

決断力がある

海外旅行中、飛行機が飛ばない、列車が来ないなど様々なトラブルに遭遇することもあります。そんな時、何とかして他の手段で目的地にたどり着こうとするか、今居る場所でもう一泊するか、決断しなければいけません。

特に、長期の海外旅行や、世界一周となると毎日が決断の連続です。いざという時に決断をしてくれるので、一緒に居ると安心できます。

 

金額で楽しさを判断しない

豪華なホテルに泊まって、人気の観光地に行って、美味しいレストランに行く。そんな、旅行も楽しいですが、旅好き男子は、あえてローカルな宿に泊まって、街をブラブラ歩いて良いお店があったら入るような旅を望んでいます。

もちろん、そうではない人もいますが、世界一周をするようなバックパッカーはこのタイプの人が多いはず!

どこに行くかではなくて、いかに今の状況で楽しむか、一緒に居る人とどれだけ楽しめるかを、重視します。

 

周りの人を大切にする

一人旅行だと、周りの人が声をかけてくれたり、助けてくれたり、一人では生きていけないんだなと感じる場面がたくさんあります。

その中でいつもそばに居てくれる、友達や家族の大切さが分かり、もっと大切にしようと思うようになります。

 

共感性が強い

All photo by shutterstock

友達との旅行中、皆が楽しんでいるのに自分だけ不機嫌になっていたら、楽しい旅行も台無しになってしまいますよね?

皆で一緒に楽しむことで、楽しさが倍になることを旅好きは知っています。なので、友達が興味があることは自分も興味があるし、友達が好きなら自分も好き!と共感性が強くなります。

 

旅好き男子と付き合うメリット

・色々な所に連れて行ってくれる
・リードしてくれる
・色々なことを知っている
・いざという時に守ってくれる
・一緒に居る人を思いっきり楽しませてくれる
・一番近くに居る存在だからこそ大切にしてくれる
・自分が好きなことを理解してくれる
おすすめの記事はこちらです
誰にも邪魔されない、俺だけの癒やし。男一人旅に人気の国内温泉地ランキング
❐シャイな日本男子にはなかなかできないこと
男旅に行こう!男性同士で行ったら絶対楽しい海外旅行先10選

関連記事リンク(外部サイト)

初めての旅行で喧嘩は嫌だ!カップル旅行で男性に理解して欲しい5つの事
世界各国の旅人と世界を巡る「多国籍ツアー」!カタコト英語の私が、一人で参加できた理由とは
長期旅行者とバックパッカーに捧げたい「沈没のススメ」
世界一周経験者14人に「海外のネットについて」聞いてみた!

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
TABIPPO.NETの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP