ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

東京都内にある珍しい世界の料理を食べられるレストラン12選

DATE:
  • ガジェット通信を≫

みなさんおいしいご飯、お好きですよね?美食の国日本では、世界無形文化遺産になった日本食の人気もさることながら、最近は町中にいろんな国のレストランができたおかげで、気軽にさまざまな国の味が楽しめるようになりました。

今回は数ある多国籍料理の中でも、なかなか口にすることがないような料理を扱っているレストランとカフェを9つ紹介します!

*編集部追記
2016年2月の記事に4つのレストランを追記しました(2016/04/28)

 

リラ・ダーラナ(スウェーデン料理)

photo by shutterstock

北欧代表としてあげたいのがこのスウェーデン料理。北欧家具などのおしゃれさには今や定評がありますが、料理の方はどうでしょう?スウェーデン料理と聞いてピンとくる方はいますでしょうか?

現在スウェーデンの主食はジャガイモです。また、北欧では厳しい冬を乗り切るため、保存食が必要でした。なので歴史的に魚や肉を塩漬けにして食べるようになり、その習慣は今でも残っています。

 

一般的にはニシンの酢漬けやサーモンなどが有名です。しかしそれだけでなくトナカイなどを使ったジビエ料理も好まれます。

リラ・ダーラナは絵本から飛び出してきたようなかわいいレストランです。このお店では、おいしい北欧料理と北欧の雰囲気をそのまま味わうことができます。六本木駅すぐダイカンビル2階。

リラ・ダーラナ (Lilla Dalarna)

 

ガテモブタン(ブータン料理)

photo by shutterstock

辛いもの好きさんにお勧めしたいのがこのブータン料理!なぜならブータン料理は世界で一番辛い料理だと言われているからです。ブータン料理の特筆すべきところは、トウガラシを大量に使っているという事。これはトウガラシを香辛料としてではなく、唐辛子を野菜ととらえているためです。

 

また、乳製品を使うことも多く、チーズなどが辛さをある程度はマイルドにしてくれます。しかし辛い物が苦手な人でも「ガテモブタン」でならおいしくブータン料理が食べられます。

ここのお店では日本人好みの辛さに料理の辛さを調節してくれているからです。しかし、ブータン料理らしさは失っていません。ガテモブタンは最寄り代々木上原駅を降りて、井の頭通りに抜ける坂を上ったところにあります。
■詳細情報
・店名:ガテモタブン (Gatemo Tabum)
・住所:東京都渋谷区上原1-22-5
・アクセス:代々木上原駅から264m
・営業時間:【火~日】12:00~14:30、18:00~23:00
・定休日:月曜日
・電話番号:03-3466-9590
・料金:[昼] ~¥999 、[夜] ¥4,000~¥4,999
・公式サイトURL:http://www.gatemotabum.com/

 

アフリカンレストラン&バー・エソギエ(ナイジェリア料理)

photo by shutterstock

アフリカ料理と一口に言っても、アフリカ大陸には53か国もの国があります。そこで今回はナイジェリア料理についてお伝えします。ナイジェリアでの主食は、ヤム芋と、キャッサバ芋や米をモチ状にしたものです。これをソース(シチュー)につ けて食べるのが一般的。

 

ではなぜ私が数あるアフリカ料理の中でナイジェリア料理、このお店を選んだかというと、ずばり、このお店では”現地の味そのままのナイジェリア料理が楽しめるからから”です!

これはナイジェリア出身の店長さんのこだわりだとか。また店内ではアフリカンミュージックが絶えることなく流れ、アフリカのバーにいるような錯覚を起こします。東京にいながら本物のナイジェリア料理が食べたい人はぜひ。六本木駅すぐ。

エソギエ (esogie)

 

Kuumba du Falafel(イスラエル料理)

photo by shutterstock

イスラエル料理は地中海と中東の料理をベースにしているといわれています。またイスラム教により、豚肉は絶対に禁止、その他の肉もあまり食べません。つまり、野菜中心の食生活になるわけです。そんなイスラエルで生まれたB級グルメがファラフェルと呼ばれるサンドイッチです。

このサンドイッチを食べられるお店が神泉駅の近くにあります。それが「Kuumba du Falafel」です。ここは、外から見れば雑貨屋か洋服屋のように見えるオシャレな店構えのファラフェル専門店。

とにかく野菜がたくさん入ったファラフェルサンド(ピタパンサンド)は見た目も美しくおいしい。軽食にもいいですね。

クンバ ドゥ ファラフェル (Kuumba du Falafel)

 

ミラフローレス渋谷店(ペルー料理)

photo by shutterstock

南米の国ペルー。ペルーといえば「マチュピチュ」や「ナスカの地上絵」で有名ですが、実は美食の都としても 有名なんです!ペルーは多人種国家。色々な民族が移民をしてきたという背景から、黒人、インディヘナ、スペイン人、中国人、日本人、イタリア人などの多様な国民の影響を受けた独特のペルー料理が発展しました。

 

また、南米料理といえば肉や豆のイメージが強いかと思いますが、ペルーは一年中温暖なため野菜もとれますし、魚介類もとれます。

そのため料理にも野菜、魚が使われることも多く、日本人の口にもよく合います。このミラフローレスは都内に2店舗あります。渋谷店は渋谷西口から徒歩5分。恵比寿店は恵比寿と代官山の中間地点辺りにあります。

ミラフローレス 渋谷桜ヶ丘店 (Miraflores)

 

Jame Jam(イラン料理)

photo by shutterstock

イラン、あるいはペルシャ料理は中東一般の料理と同じように羊と野菜が中心になります。トルコ料理と似た料理もありますが、イラン料理の方が味付けがやさしい感じになるようです。阿佐ヶ谷のJame Jam(ジャーメ ジャム)はイラン人のオーナーシェフが達者な日本語で料理の説明をしてくれます。また、ビールやワイン、焼酎などのアルコールも置いています。

ペルシャ絨毯で飾られた店内で優雅に水たばこをくゆらしながらベリーダンスを楽しむこともできるお店です。
■詳細情報
・店名:ジャーメ ジャム
・住所:東京都杉並区阿佐谷南2-20-7
・アクセス:阿佐ケ谷駅から徒歩5分
・営業時間:17:00~24:00(L.O.23:30)
・定休日:無休
・電話番号:03-3311-3223
・料金:¥3,000~¥3,999
・公式サイトURL:http://www.jamejam.jp/

 

SOFIA(ブルガリア料理)

photo by shutterstock

ブルガリアはヨーグルトと薔薇で有名ですが、ブルガリア料理ではヨーグルトスープやヨーグルトソースなど、料理にもヨーグルトがいろいろな使い方がされていてヨーグルト好きにはたまらないと言われています。

SOFIA(ソフィア)はブルガリア大使館公認の、おそらく日本で唯一の本格的ブルガリア料理を出すお店です。ゆったりと夜のディナーも良いですが、平日のランチタイムはメインを頼むとオードブルがビュッフェスタイルなので、コスパも良く、いろいろ試したり楽しんだりできるのでおススメです。
■詳細情報
・店名:ソフィア (SOFIA)
・住所:東京都中央区八重洲2-5-12 プレリー八重洲ビル 2F
・アクセス:東京メトロ銀座線京橋駅7番出口徒歩2分 /JR東京駅八重洲南口徒歩3分
・営業時間:[月~金 ランチタイム] 11:30~15:00(L.O.14:00)※平日ランチの予約不可
[月~金 ディナータイム]17:30~23:00(L.O.22:00)
[土・祝 ランチタイム]11:30~15:00(L.O.14:00)
[土・祝 ディナータイム]17:30~22:00(L.O.21:00)
・定休日:日曜日
・電話番号:03-5200-0141 (問い合わせ)、050-5868-0504 (予約)
・料金:[昼]¥1,000~¥1,999、[夜] ¥5,000~¥5,999
・公式サイトURL:http://www.sofia2006.jp/

 

シリンゴル(モンゴル料理)

photo by shutterstock

モンゴル料理は中央アジアの国々と同じように羊肉が中心ですが、違いは香辛料をほとんど使わないことでしょうか。お客様に対する最高のもてなしは羊を1頭ほふり、その肉を塩ゆでにし、ともに食べることだとか。

シリンゴルは中国内モンゴル自治区の大草原の名前ですが、こちらのお店はシリンゴル出身の店主が故郷の料理と馬頭琴の演奏でお客様をもてなす趣向です。モンゴルを味わうには塩ゆで、串焼き、それとミルクティーが必須です。
■詳細情報
・店名:シリンゴル
・住所:東京都文京区千石4-11-9
・アクセス:巣鴨駅から徒歩8分
・営業時間:18:00~23:00(ランチタイムは応相談)
・定休日:定休日無し。年に4~5日、臨時休業あり
・電話番号:03-5978-3837(問い合わせ)、050-5589-6489(予約)
・料金:¥4,000~¥4,999
・公式サイトURL:https://www.facebook.com/シリンゴル-116588008395041/timeline/

 

 L’AZURE(チュニジア料理)

photo by shutterstock

チュニジア料理はいわゆるマグレブ(モロッコ・チュニジア・アルジェリアの総称)料理の1つですが、ベルベル人の先住食文化に、フェニキア人のオリエント食文化、ローマ人の地中海食文化、アラブ人のイスラム食文化が影響を与え、さらにトマトやオリーブを使うイタリア料理の影響を受けて発展してきた料理です。

世界最小のパスタとして有名なクスクス、タジン料理、多彩なスパイスなどチュニジア料理は楽しみが多いですね。

大久保のラジュールはチュニジア人の夫婦が営むチュニジアの家庭料理を中心にしたお店です。日本語は堪能なので料理の相談にものっていただけます。
■詳細情報
・店名:L’AZURE (ラジュール)
・住所:東京都新宿区百人町1-24-8 新宿タウンプラザビル2F
・アクセス:JR総武線大久保駅からすぐ/JR山手線新大久保駅から徒歩4分
・営業時間:17:30~24:00(L.O.23:00) ※日曜日は予約のみ
・定休日:無休
・電話番号:03-3366-4004(問い合わせ)、050-5869-4835(予約)
・料金:¥5,000~¥5,999 (サービス料・チャージ:アラカルトお一人様500円)
・公式サイトURL:http://www.dalimanagement.com/lazure/index.html

 

ノング インレイ (ミャンマー料理)

photo by pixta

日本でも珍しいミャンマー料理。通の間では”昆虫食”も食べれると人気のお店です。
■詳細情報
・名称:ノング インレイ
・住所:東京都新宿区高田馬場2-19-7 タックイレブンビル 1F
・アクセス:高田馬場駅から徒歩1分
・営業時間:11:30~23:30(L.O.23:00)
・定休日:年中無休
・電話番号:03-5273-5774
・料金:¥3,000~¥3,999
・公式サイトURL:ノング インレイ (Nong Inlay)

 

レストラン アミーゴ (パラグアイ料理)

photo by pixta

パラグアイ出身のスタッフが、美味しい料理を運んで来てくれる本格的なお店です!
■詳細情報
・名称:レストラン アミーゴ
・住所:東京都港区赤坂2-13-17 シントミ赤坂第2ビル 203
・アクセス:地下鉄千代田線 赤坂駅 2番出口 徒歩1分
・営業時間:ランチ 11:00~14:00 ディナー 17:00~24:00
・定休日:無休
・電話番号:03-6441-2717
・料金:¥2,000~¥2,999
・公式サイトURL:レストラン アミーゴ (Restaurant Amigo)

 

 

ミンスクの台所(ベラルーシ料理)

photo by pixta

ベラルーシ出身のシェフが2002年にオープンしたお店です。日本人の味覚に合う本場のメニューを出しているのも特徴的です!
■詳細情報
・名称:ミンスクの台所
・住所:東京都港区麻布台1-4-2
・アクセス:東京メトロ南北線六本木一丁目駅2番出口より徒歩2分。各線六本木駅より徒歩10分。麻布小学校の隣
・営業時間:【平日・土・祝】ディナー 17:00~22:30 (L.O.22:00) ※ランチ…10名様以上の女子会に限りランチ営業致します。
・定休日:日曜日 (年末年始は休み)
・電話番号:03-3586-6600
・料金:【ディナー】5000円【ランチ】2500円
・公式サイトURL:ベラルーシの家庭料理 ミンスクの台所

 

まとめ

いかがでしたでしょうか?今や日本でも、本格的な海外の料理が食べられる時代です。日本人向けにアレンジしていないお店を選びましたので本場の味を堪能していただけたら嬉しいです。

関連記事リンク(外部サイト)

美味しいだけじゃつまらない?海外の個性派コーラ7選
人混みを避けて東京を楽しむ、夏の穴場スポット7選
東京へ行くなら「airbnb」で宿泊物件を探そう!1万円以内で泊まれる貸切物件
東京で泊まりたいおしゃれなAirbnb物件7選

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
TABIPPO.NETの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP