体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

お家でのんびりGW派のあなたに。心の栄養をもらえるラブストーリー映画4選

お家でのんびりGW派のあなたに。心の栄養をもらえるラブストーリー映画4選

GWがやってまいります。新緑の季節を家族や恋人や仲間など大切な人たちと思いっきり過ごせる楽しみな連休です。しかし、どこも混んでいるのが現状・・・。そこで、「連休は混んでいるから家でゆっくりしよう」と考えている方たちへ、おススメのラブストーリー映画DVDをご紹介いたします。

エリザベスタウン

GWはラブストーリー映画でたっぷり心の栄養を
(C) Amazon

オーランド・ブルームとキルスティン・ダンストが繰り広げるラブストーリー。仕事で大きな失敗をして会社に大損害を与えてしまった主人公。生きる意味を失います。

そして、そんな主人公のもとに届いた父親の危篤の知らせ。まさに人生のどん底。お葬式のために何年ぶりかに地元に帰るのですが、クビになったことを言えない主人公としてはいつの間にか地元は帰りづらい場所に。

そんな時に出会った自由奔放に生きているように見える美しいヒロイン。彼女との出会いにより、主人公の人生は大きく変わっていきます。人生の大きな挫折にぶつかった時、大切なことはなにか? そんなことに気づかせてくれるラブストーリー。ひたむきに相手を思うキルスティン・ダンストのキュートな演技にもキュンキュンしちゃいます。

[エリザベスタウン]

きっと、星のせいじゃない。

GWはラブストーリー映画でたっぷり心の栄養を
(C) facebook/きっと、星のせいじゃない。

末期がんの主人公。薬を飲みながら制限のある生活をしています。そんな折、両親からの強いすすめで参加した、がん患者の集い。そこで、骨肉腫を克服した同世代の男の子に出会います。

小さい頃から生活を制限した主人公にとっては、彼の生き方は憧れ。だからこそ、自分には見合わないとなかなか彼に心を開けません。しかし、出会った瞬間から積極的にアプローチしてくる彼のひたむきな思いに、どんどん主人公の心もひらいていきます。

そんなある日、ずっと好きだった作家に会いにオランダに行こうと計画を立てます。しかし、主人公にとっては大きな冒険。会いたかった作家に会えるのか? そして、その先に二人を待ち受けている壮絶な運命とは? 16歳の主人公が抱えたあまりにも重い宿命。生きるとは? 誰かを愛するとは? 見終わったあと、愛する人と一緒にいられる今を大事にしようと思う、そんな映画です。

[きっと、星のせいじゃない。]

アデライン、100年目の恋

GWはラブストーリー映画でたっぷり心の栄養を
(C) facebook/映画『アデライン、100年目の恋』

とある事故で歳をとらなくなった主人公。政府に見つからないように、時期がきたら名前と住む場所を変えて転々と生活をしています。歳をとらないということは、たとえば恋愛をしても自分だけ歳をとらないわけで。愛する人にそれを知られたくないあまり、恋愛を避けてきました。ただ、一つの恋をのぞいては・・・。

という切り口で展開する新しい恋愛。自分の事情を十分に理解しているものの、やはり気持ちは止められず、ある日主人公は恋をしてしまいます。しかしその時はまだ気がつきません。その恋が主人公の運命を大きく変えることになろうとは。

主人公は、ゴシップガールで一躍有名になったブレイク・ライヴリー。どの時代の衣装も着こなしてしまうあたり、さすがです。誰にも理解できない主人公の孤独と、それを越えようとする愛の力に勇気づけられる映画でした。

[アデライン、100年目の恋]

ワン・デイ 23年のラブストーリー

GWはラブストーリー映画でたっぷり心の栄養を
(C) facebook/One Day

1 2次のページ
生活・趣味
TABIZINEの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。