ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

松阪牛の牛脂vsスーパーでもらえる牛脂。料理に差は出るのか!?

DATE:
  • ガジェット通信を≫

先日、友人が「伊勢に行ったときに松阪牛は高くて買えないから、売っていた松阪牛の牛脂(540円)をお土産に買ったんだけど、安い肉をその牛脂で焼いてみたらなかなかの味になったよ」と言っていた。

松阪牛の牛脂で肉を焼いたら松阪牛になるのではないか! と思うほどバカではないが、なんだかおいしそう……。

ネット通販でも売っていたのでポチッてみた。

サーロインステーキを松阪牛の牛脂と普通の牛脂で焼いてみる

サーロインステーキを2枚用意した。

松阪牛の牛脂が届いたので、普通の牛脂と比べてみたい。

2枚入りサーロインステーキを近所のハナマサで買ってきた。さっそく焼いてみよう。

差がわかりやすいように、味付けは塩コショウだけにする。

2枚とも、両面に塩コショウを振っていく。

まずは普通の牛脂で焼く。

ステーキ肉をフライパンへ!

焼き上がったので、次は松阪牛の牛脂で焼くよ!

焼き上がりを比較してみる

焼き上がり。左が普通の牛脂、右が松阪牛の牛脂で焼いたもの

焼き上がった2枚を皿に並べて比べてみたが、見た目には、ほぼ差がない。

それでは、ステーキにナイフを入れてみよう。

こっちは普通の牛脂で焼いた方。

レアで焼いた。おいしそうなので、食べてみる。

うん、おいしい。

味付けが塩コショウだけでも十分おいしい。

次は、松阪牛の牛脂で焼いた方を試食してみよう。

こちらは松阪牛の牛脂で焼いた方。

こっちもいい感じ。

うん、こっちもおいしい!

ハナマサでそこそこにイイ肉を選んでしまったからなのか、正直言って劇的な差というのはない。

ただ、しいて言うなら松阪牛の牛脂で焼いた方が、牛の脂の旨みというか、甘さが感じられるような気はした。

牛肉じゃないもので比較してみる

ステーキは「味がすごく変わった!」ということはなかったので、ちょっとこのままだと企画倒れになってしまう……もしかして、もっと安い牛肉が良かったのかしら。

ちょうど吉祥寺に行く用事があったので、吉祥寺で安い肉を探してみたが、なかなか見つからない。

「安い肉ぁねーがー、安い肉ぁねーがー」と、悪い子を探すナマハゲのように安い肉を探したものの、結局ハナマサ以上に安い肉は見つからなかった。

そこで、困ったときの夫(飲食店勤務)の知恵。

一連の流れを把握しているので相談してみたところ、「牛肉じゃない方が味の差がわかりやすいんじゃない?」とのこと。

「脂身の少ない鶏ササミとか、シンプルにもやしを炒めてみたらいいんじゃない? 決してお金がないわけではありません、とか書いてさ(笑)」と。

おお! 自分の夫がなぜか文章にオチをつけようと、そこまで考えてくれている! しかも何だ、そのオチ。これは私が頑張らなくては。

買いました、ササミともやし。

今回は2口コンロにフライパンを2つ並べて焼いてみたのだが、熱したフライパンに牛脂を溶かしたとき、ニオイをかいでみたらまったくの別物だった。

スーパーの牛脂は普通の油のようなニオイだったが、松阪牛の方は牛肉の旨みを凝縮したようなニオイがした。

左がスーパーの牛脂、右が松阪牛の牛脂で焼いたもの

鶏ササミは真ん中を切って薄くし、ステーキのように焼いてみた。味付けはやはり塩コショウのみ。

牛脂をたっぷり吸わせたので、見た目は普段のササミよりもふっくらしているように感じる。

まずはスーパーの牛脂で焼いた方を食べる。

うん、おいしい。

牛脂でササミを焼くとなかなかおいしいんだな~と感心する。

でも、スーパーのでこれだけおいしいということは、また差がないのでは……!? という一抹の不安が。

怯えつつ、松阪牛の牛脂で焼いた方を食べてみる。

……おぉぉ! これは味が違う!

おいしい!!

良質な牛脂がササミによく絡んでいる。

ジューシーさを感じることができるというか、より品のある味わいになった。

ササミは淡白だから、サラダ油よりも牛脂で焼いた方がおいしいのだろう。

続いて、もやしを炒めてみた。

まずはスーパーの牛脂で焼いた方を食べる。

これは、まぁいわゆる「もやし炒め」だ。

塩コショウのみの味付けだと寂しい感じのもやし炒めだ。

松阪牛の方はどうだろう。

おおおおおおお!!!

これは全然違う! 差が歴然!!

さっきのが「もやし炒め」なら、こっちは「肉もやし炒め」みたいに、肉と一緒に焼いたみたいな味がする。

牛脂の甘みともやしは相性がいいようだ。

まとめ

今回試してみて、もっとも差がなかったのは牛肉のステーキ。

よりアブラが少なく肉っぽくないもの、安い素材を松阪牛の牛脂で焼くと、おいしさが増した。

また、別の日にハンバーグを作ったとき、種の中に松阪牛の牛脂を入れたら、すごくおいしくなった。

肉が柔らかく、とろけるような食感になったのだ。

普通の牛脂でも十分おいしく味わえるが、

松阪牛の牛脂、おすすめです。


書いた人:

栗本千尋

1986年生まれ。青森県八戸市出身(ですが、実家が最近なぜか仙台に引っ越しました)。情報系雑誌をはじめ、旅行やグルメ雑誌、webメディアなどでお仕事しています。旅行会社→編集プロダクション→任侠系DVD会社勤務を経て、2011年からフリーライターに。2014年に出産し、一児の母になりました。

関連記事リンク(外部サイト)

【名古屋きしめん漫遊記】すべての“きしメン”を唸らせる激旨「いもかわうどん」に、きしめんのルーツを見た!
「バズるグルメネタって?」有名ネットウォッチャーおおつねまさふみ氏に無茶ぶりしてみた
元南極料理人が切り盛りする、横浜「Bar de 南極料理人 Mirai」で日本最古のドライカレーを味覚探検!!

カテゴリー : グルメ タグ :
メシ通の記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP