ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

つらい副作用 母が語る北斗晶の壮絶闘病生活

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 100平方メートルを超える広大なビニールハウスの中で、腰をかがめて小松菜を採る老女がいる。もんぺは土で汚れ、ほっかむりに汗が伝う。15代続く農家だという。

「まぁ、わざわざ東京から…。娘はいま家で休んでおります。本当によく頑張ったから」

 畑仕事を中座したひと時、女性セブン問いかけに応じたこの女性は、北斗晶(48才)の母親だった。都心から電車で1時間。埼玉県東部の田園地帯に北斗の自宅がある。実家はわずか50m先。母娘は結婚後も離れずに暮らしてきた。

 北斗が乳がん手術を公表してから半年。術後治療にひと段落ついた彼女は今、自宅で夫・佐々木健介(49才)と2人の息子と過ごしている。

「心配させたくないからって、あの娘は私の前では一切弱音を吐かないんです。今だって不安で、つらいだろうに…。見えないところでしか泣かない。強い娘だから」(母親)

 副作用に苦しんだ壮絶な闘病生活、北斗を支え続けた健介の献身…。母親は全てを間近で見てきた。

 昨年9月、乳がん手術で右の乳房を全摘出した北斗は、同11月より都内病院に入退院を繰り返し、抗がん剤治療を受けていた。この日、計9度の投薬計画をようやく終えて自宅に戻った。北斗の母親が明かす。

「胸の周りとリンパも全部取ったんだけど、転移があったら怖いから。強い薬を使ったんです。副作用がすごくってね。髪の毛がどんどん抜け落ちて…。でも、あの娘は“かあちゃん、心配しないでいいよ~”って。髪のなくなった頭を触りながら、無理して笑うんです。もう胸が痛くて、見ていられなかった。今だって、代われるもんなら代わってやりたいです」

 副作用は脱毛だけではなく、強い吐き気、全身の倦怠感や味覚障害が断続的に北斗を襲った。強すぎる副作用を見かねて医者が投薬量を減少させたため、当初8回の投与計画が9回に延びたのだという。

「乳がんだって聞かされたのも、手術で入院する前日でしたから。“かあちゃん、明日から入院するわ”って。どこが悪いのかと思ったら、まさかがんだなんて…。この世で健介だけですよ。娘から全てを打ち明けられていたのは」(母親)

※女性セブン2016年5月12・19日号

【関連記事】
田中好子さん ヘアメイクにかつらを地毛になじませる技相談
近年の乳がん治療 全摘出乳房再建が主流で精神的苦痛も減少
佐々木健介のブログを市川海老蔵、CA藤田晋社長が表彰

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP