ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

熊本地震直後の中国人タクシー爆乗り騒動 「10万円払う!」

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 熊本地震は、日本人のみならず、中国人旅行客にも襲いかかった。熊本は温泉や阿蘇山など、外国からの旅行客にとって魅力的な観光地が多い。だが、地震で観光ムードは一変。熊本旅行中に被災した中国人たちがとった行動は、「爆買い」ならぬ「爆乗り」だった。

 最初の地震が起きた翌日の4月15日、出張で熊本を訪れていた東京在住のある女性が、市内のホテルでその現場に遭遇した。

「東京へ帰ろうにも、熊本空港は閉鎖されているし、九州新幹線も運転見合わせ。バスもなかった。車で2時間の距離の福岡空港まで行けば飛行機が飛んでいるので、ホテルのフロントでタクシーを呼んでもらうよう頼んだら、『中国人のお客様のタクシー予約でいっぱいです』って言われてしまったんです」

 女性はそのとき、フロントで中国語をまくし立てる中国人の団体客を目撃した。後でフロントのスタッフに、何を話していたのか聞いてみると、

「『10万円出すから福岡まで行かせてくれ。早く中国に帰りたい』とおっしゃっていました」

 といわれたという。福岡までは通常ならタクシー代は3万円ほどだというから、3倍以上である。ある熊本のタクシー会社社員はこう話す。

「4月15日に、30人ほど中国人のお客さんを乗せましたね。タクシーは全部で7~8台でした。みなさん14日の地震でぐったり疲れてしまったようで、『日本はもうたくさんだ!』という感じでした」

 別のタクシー会社社員によると、同ホテルに宿泊していた中国人客は複数のタクシー会社に手当たり次第に電話していたため、ダブルブッキングが多発したという。

「中国人からドタキャンされたタクシーを運良く拾って福岡まで行けましたが、本当にどうなることかと思いました」(前出の女性)

 金払いがよくても、ドタキャンされた日にはタクシー会社も商売上がったりである。「爆買い」はありがたいが、「爆乗り」はやめてほしいものだ。

撮影■渡辺利博

※週刊ポスト2016年5月6・13日号

【関連記事】
静岡にバーベキュータクシー登場 ゴミも持ち帰ってくれ好評
【道州制変化予測・九州州】「熊本をワシントンに」運動展開
ネットに登場の「中国人クズ番付」など中国の民意に迫った本

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP