体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

ベトナムの鉄板お土産「コーヒー」で、髪は染まるのか?試してみた

ベトナムの鉄板お土産「コーヒー」で、髪は染まるのか?試してみた

こんにちは、旅人美容師のKOHです。先日、香港エクスプレスを使って、ベトナムのダナン・ホイアンに行ってきました。

筆者の旅としては珍しくハサミを持たずに、シンプルに観光を楽しんできたこともあり、久々にお土産を買いました。

 

ベトナムで有名なお土産と言えば「コーヒー」が鉄板。コーヒーと言えば、白いシャツにこぼしたらシミになってしまい大変ですよね!

そう、色素沈着です。そんなとき、僕はふと思いました。

「ベトナムコーヒーで髪は染まるのだろうか」と。

疑問に思ってしまったので、早速実験してみました。どういう思考回路でそうなるかは筆者、自分でも良くわかりません。

 

鉄板のお土産コーヒーはこちら

IMG_6755

チュングエン社のインスタントベトナムコーヒーの『G7 coffee』。

ブラックや砂糖入りやミルク入りと3種類展開されていますが、今回筆者が購入したのはブラックコーヒーです。

すごく美味しいと評判らしいのですが、もはやそんなことはどうでもよく、「これで髪の毛染まるのかな?」そんな気持ちでいっぱいでした。

 

自分で染めるのはしんどいので美容室に行きます

IMG_6753

今回僕が訪れたのは、高円寺にある『ビールの飲める美容室 Up to  You』。

カラーリスト(ヘアカラー専門美容師)のキャンベルさんにお願いします。

キャンベルさん、可愛いんですよね。ええそうですとも顔で選びましたよ。

 

持ち込みカラー(コーヒー)できるか、聞いてみた

「すいません、持ち込みカラーできますか?」

IMG_6822
「・・・」。

IMG_6759

キャンベルさん、完全に苦笑いです。変な客来たって思ってますよね…

「というか、そもそも持ち込みカラーじゃなくて持ち込みコーヒーだよね?」と言わんばかりの表情。どこから突っ込めばいいのか困惑しているようです。

もしかしたら嫌われてしまうのでは…

※持ち込みカラーとは

通常、市販されているカラー剤を美容室に持参し、美容師に塗ってもらうことでセルフカラーで起こり得る色ムラを軽減、回避する方法。

まれに持ち込みカラーをメニュー化している美容室がある。

 

あっさり了承を得ました

IMG_6763

コーヒーパウダーをカラーカップに入れたのは、おそらく世界初ではないでしょうか。

辺りはコーヒーの香りに満ち溢れ、美容室全体がまるでカフェのような空気の匂いになっていました。

IMG_6773
1 2次のページ
TABIPPO.NETの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。