体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

カメラマンが撮影のコツ伝授!子連れにおすすめな関東の観光スポット11選【水族館・動物園編】

カメラマンが撮影のコツ伝授!子連れにおすすめな関東の観光スポット11選【水族館・動物園編】 カメラマンが撮影のコツ伝授!子連れにおすすめな関東の観光スポット11選【水族館・動物園編】

かわいい動物をなでなでしたり、めずらしい動物にビックリしたり…。

動物園や水族館は、子どもたちの真っ直ぐな好奇心を引き出してくれるベストスポット。

テレビや絵本とは違う本物の生き物を前に、目をキラキラさせている様子は、パパ・ママにとっては、絶対に逃せないシャッターチャンスですね!

そこで今回は、お子様連れにおすすめの動物園・水族館をご紹介するとともに、今しか見られない表情を逃さないための撮影ワンポイントをパパカメラマン「久保田敦さん」に伝授してもらいました! カメラマン・久保田の撮影ワンポイント

フォトグラファー 久保田敦

旅行雑誌を中心に鉄道、宿、料理、人物など幅広いジャンルの写真を撮影。二児の父で子どもの撮影はお手の物。 〜水族館〜

水槽越しの神秘の世界に釘付け!海の生き物たちとパチリ。

青くきらめく水槽のなかを自由に泳ぐ魚たち…。海の仲間たちを見上げる子どもの表情は真剣そのもの!好奇心いっぱいの姿を幻想的な背景と一緒に撮影しよう。 カメラマン・久保田の撮影ワンポイント 水族館で臨場感のある写真を目指すならストロボオフが基本。さらにカメラの夜景モードを上手に活用。シャッタースピードが遅くなり、柔らかな雰囲気の写真に

1.鴨川シーワールド【千葉県鴨川市】

熱帯の魚とフォトセッション。

海の仲間とも記念撮影ができる。

鴨川シーワールド トロピカルアイランド

トロピカルアイランドの水槽前。熱帯の魚たちが描き出す幻想的な光景をバックに撮影

記念撮影やショーも充実!

笑うアシカ(1人300円)やイルカ(1人400円)とパチリ!小学生未満は大人の付き添いが必須。迫力満点のシャチのショーは見逃せない♪

鴨川シーワールド 笑うアシカ

鴨川シーワールド シャチのショー

フォトコンテストにはパパ・ママの力作がいっぱい♪

鴨川シーワールド フォトコン1 鴨川シーワールド フォトコン2
1 2 3 4 5 6 7次のページ
じゃらんニュースの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。