ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

GWの家族サービスに約5割のお父さんが悩み中! さまぁ~ず・三村がわりと具体的に解決してくれる【動画】

DATE: BY:
  • ガジェット通信を≫


サッポロビールが“お父さんのGWの過ごし方”について調査したところ、全国の約50%のお父さんが「今年のゴールデンウィークの家族との過ごし方に悩みがある(46.7%)」と回答。さらに、約4人に1人は「ゴールデンウィークの家族サービスは憂鬱(「憂鬱」「やや憂鬱」の合計:22.8%)」という結果に。世の中には家族についての悩みを抱えているお父さんがたくさん!


そこで、サッポロビール『極 ZERO』は、世のお父さんたちが抱えるお悩みを「ゼロにしちゃう」べく、CMキャラクターであり、2児のお子さんを持つ父親でもある、さまぁ~ずの三村マサカズさんをアドバイザーとして迎え、お悩みを解決するウェブ限定ムービー『三村マサカズのゼロにしちゃって』シリーズを公開。

動画は『三村マサカズ vs 悩めるお父さん』篇(4作品)と『フリップやお悩みBOXなどの小道具を使ったムービー』(5作品)の見応えたっぷり計9本。悩めるお父さんには、ゴールデンウィークだけでなく日々の家族との過ごし方の参考になるはず!? お父さんでなくても、ユーモアたっぷりに身近なお悩みを解決していく三村さんの回答は必見! 周りのお父さんたちもこんな悩みを抱えているのかも?


今回の収録は、台本なしのぶっつけ本番。お父さんたちのお悩みに三村さんが“リアルガチ”で答えています。アシスタントは、自称“鹿児島の妖精”入来茉里さん。

お父さんたちの悩みを軽快にゼロにしちゃう!


開始早々、挙手の段階でフリップが丸見えになっちゃう慣れないお父さん達に、三村さんが「まだ見せない方がいいんじゃない!? オレ読んじゃうよ!」とツッコむなど和やかな雰囲気で進んでいくかと思いきや、お悩みを話すお父さんたちはどんどんテンションが下がっていきます……。けっこうみんな本気で悩んでいるみたいです。

・お悩み1人目:「妻の金遣いの荒さ。なかなかダメと言えません。」(高橋さん 48才)
口に出しにくいお金の問題。人が良さそうな相談者の高橋さんに対して三村さんがおすすめするのは、奥さんと事前に取り決めておく合図。高橋さんは見た目がちょっとお坊さんっぽいので、合図としてお経みたいな音を出せば? と提案。


暗い表情を浮かべていた高橋さんも、この笑っちゃうようなまさかの提案に「それホントにいいかも!」と明るい表情に!


・お悩み4人目:「(離婚して別居してる)娘との遊興費の高さ」(江利さん 44 才)
こちらのお悩みも重め。相談者の真剣な表情を見て、思わず「泣くんですか?」と三村さん。それでも、その重い空気を変えるような解決策を提案するのはさすが。


子どもたちをどこに遊びに連れて行くか困っているお父さんたちも、今後は“渋いビリヤード場”を選択肢に入れてみては?(笑)

小道具でお悩みをゼロにしちゃう?


「三村さんがお悩みBOXで的確アドバイス?」篇では、BOXからランダムに取り出したお悩みを解決。小学生にの娘さんに、一緒にお風呂に入ろうとすると「キモイ!」と言われてしまうお父さんや、ゴールデンウィークに妻の親戚一同が集まる場所での愛想笑いを教えてほしい、といったお悩み“あるある”が登場。


三村流「愛想笑い」は本気の爆笑! 「それ去年も聞いた~!」と言って本気で笑うプロのワザを伝授しています。これは使えるかも?



他にも、キャッチボールを使っての息子とのコミュニケーション術を実践で披露したり、「連休の終わりのほうになると何とも言えない寂しさがこみ上げてきて、毎年憂鬱な気分になってしまう。自分でも正体不明な気持ちなのでどうしようもありません。(36才 会社員)」というお悩みをうけ、その正体をイラストで解き明かす三村さん。 憂鬱感を解消できたかは、動画でチェックしてください。


今回撮影した動画の見どころを「内容を何も知らされないで始まるんですよ。これから何が行われるのか全くわかんない私三村が、やっているってことを頭に入れてみると、なお面白いと思います。かなり戸惑っています。もう本当、ガチの顔をしています(笑)」と語った三村さん。割りと具体的なアドバイスばかりなので、家族とのコミュニケーションの参考にどうぞ。


『ゼロにしちゃって!1』三村マサカズ vs 悩めるお父さん一人目|極ZERO
https://youtu.be/9PKFD0omkgI[リンク]

『三村マサカズのゼロにしちゃって!』WEB 限定ムービー:
http://www.sapporobeer.jp/gokuzero/zeronisityatte/

nonの記事一覧をみる ▶

記者:

アニメや可愛いものが大好き。主にOtajoで執筆中。

ウェブサイト: http://otajo.jp/

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP