ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

究極の抹茶スイーツ!京都のおすすめ人気店25選

DATE:
  • ガジェット通信を≫


Photo credit: Satomi「2013夏 京都旅」

こんにちは。Compathy MagazineライターのOkkAです。
日本の中でも独自の伝統と歴史がある京都。中でもお茶文化は京都の代名詞となっていますね。今回は京都の中でもお茶に関する強いこだわりをもち、スイーツや和菓子に取り入れているお店の中から厳選した25ヶ所のお店を紹介します。

1. よーじや 銀閣寺店

Photo credit: Eri「はんなり京都のカフェタイム」

Photo credit: Eri「はんなり京都のカフェタイム」

Photo credit: Eri「はんなり京都のカフェタイム」

あぶらとり紙で有名なよーじやが展開しているカフェです。哲学の道にある旧家屋をそのまま使っているので、席はイスではなく座敷になっています。座敷に座ってゆっくりお茶ができるのは京都ならではですね! さらに座敷の部屋からは美しい日本庭園が眺められますよ。
メニューには抹茶のアイスと小豆に大粒の白玉が乗った抹茶パフェや、よーじやの顔のマークが描かれた特製抹茶カプチーノなど、京都の味がたくさん詰まった商品がたくさんあります。
また離れには美容雑貨のお店があるので、カフェでスイーツを食べたあとはショッピングも楽しめます。

よーじやカフェ 銀閣寺店
住所:京都市左京区鹿ヶ谷法然院町15
電話:075-754-0017
営業時間:10:00~18:00(ラストオーダー 17:30)
定休日:なし
ホームページ:http://www.yojiyacafe.com/

2. 中村藤吉 本店

Provided by

Photo credit: Hideyuki Nakajima「2012年 夏 京都 ひとり旅」

Photo credit: Hideyuki Nakajima「2012年 夏 京都 ひとり旅」

安政元年創業の老舗茶屋です。煎茶は覆いをしない露地栽培の煎茶で清々しい清涼感に溢れ、玉露はしっかりと手間ひまをかけた覆下栽培の玉露で重厚な旨味を持つものといった具合に、それぞれのお茶の特徴を引き出して提供しています。
これらの抹茶を使った「抹茶わらびもち(740円)」や「抹茶ミルク入り白玉ぜんざい(780円)」などのスイーツは濃厚な味わいです。
また、この本店では元禄様式の茶室で石臼を使い、てん茶を挽いて抹茶にする「挽き抹茶体験」を行うこともできます。自分で挽いた抹茶は薄茶として飲むこともできますよ。季節ごとに変わるお茶菓子も一緒に堪能できるおすすめのスポットです!

中村藤吉 本店
住所:京都府宇治市宇治1-10
電話:0774-22-7800
営業時間:11:00~18:00(ラストオーダー 17:00)
定休日:なし
ホームページ:http://www.tokichi.jp/

3. 茶寮都路里

Provided by

Provided by

Provided by

創業1978年、祇園辻利内にお茶飲み道場として作られました。名前の「都路里(つじり)」は地名の「辻利(つじり)」の読み方を京都の「都」、四条大路の「路」、茶の里の「里」にあてて名付けられました。
店内は京都の和の良さを残しつつ、入りやすいカジュアルさがある木目調の内装になっています。メニューはお茶本来の美味しさを楽しめるものばかり!
中でもおすすめは「特選都路里パフェ(1,383円)」。良質な抹茶をふんだんに使った抹茶ソフトクリーム、抹茶スポンジケーキ、抹茶ゼリーの他に栗きんとんと白玉まで入った贅沢なパフェになっています。
それ以外にほうじ茶パフェやさつまいもパフェなど様々なパフェがあるので、ここに来たらパフェを食べないわけにはいきませんよ!

茶寮都路里 祇園本店
住所:東山区四条通祇園町南側573-3 祇園辻利本店 2F・3F
電話:075-561-2257
営業時間:10:00~22:00
定休日:なし
ホームページ:http://www.giontsujiri.co.jp/saryo/

4. 伊藤久右衛門 宇治本店

Provided by

Provided by

Photo credit: Satomi「2013夏 京都旅」

世界文化遺産の宇治上神社や、花の寺で有名な三室戸寺の近くに位置する抹茶スイーツ・宇治抹茶専門店です。「茶」と書かれた白いのれんが目立つので、前を通ればすぐに気付けると思います。
店内に入ると宇治抹茶の良い香りが漂ってきますよ。人気商品は抹茶パフェ(680円)! プルプルの食感でみずみずしい抹茶ゼリーと大粒の丹波大納言小豆、モチモチの白玉、ソフトクリーム、抹茶せんべいの組み合わせはまさに絶品です。他にもほうじ茶ゼリーと抹茶チーズケーキセット(972円)や抹茶ババロア(680円)といっためずらしいスイーツも。
店内にはここでしか買えないお土産用スイーツも販売しているので、こちらも必見です。

伊藤久右衛門 宇治本店
住所:京都府宇治市莵道荒槇19-3
電話:0774-23-3955
営業時間:10:00~18:30(ラストオーダー 18:00)
定休日:元旦
ホームページ:http://www.itohkyuemon.co.jp/site/sabou.htm

5. 本家西尾八ッ橋

Provided by

本家西尾八ッ橋は1687年創業の長い歴史をもつ八ツ橋発祥のお店です。創業当初は米粉を使って作られた素朴な白餅を販売していましたが、1689年に初めて現在の八ツ橋の原型となる橋の形をしたおせんべいができました。
1889年のパリ万博に八ッ橋を出典し、みごと銀賞を受賞! それ以降、世界的にも有名な八ツ橋の専門店として広く認知されるようになりました。
常に新しいおいしさを求め続ける西尾八ッ橋は、それ以降も新しい商品を次々と開発しています。今では八ッ橋の他に柔らかな生地であんこを包んだ「生八ッ橋」やチョコレートクランチの中に八ッ橋を入れた「チョコレート八ッ橋」など、バラエティに富んだ商品が販売されています。

本家西尾八ッ橋 本店
住所:京都府京都市左京区聖護院西町7
電話:075-761-0131
営業時間:8:00~17:00
ホームページ:http://www.8284.co.jp/

6. ぎをん 小森

Provided by

Provided by

Provided by

ぎをん小森のある新橋通りは、伝統的な京の町家の保存地区です。1900年代半ばに営業開始以来、この土地が醸し出す独特の雰囲気に合ったお店を作ってきました。
毎朝、その日に使う量だけを炊く作りたての小豆、わらび粉100%のわらびもち、注文を受けてから作るあんみつのくず、このようなこだわりのあるスイーツなので味は折り紙つき! ぜひこれらの素材が使われている「わらびもちパフェ(1,550円)」や「小森あんみつ(1,200円)」を堪能してください。
また店内の座敷から見える木々は、春には桜、秋には紅葉と素敵な景色を見せてくれますよ。

ぎをん 小森
住所:京都府京都市東山区新橋通大和大路東入元吉町61
電話:075-561-0504
営業時間:11:00~21:00(日・祝日 ~20:00)
定休日:水曜(祝日の場合は営業)
ホームページ:http://www.giwon-komori.com/

7. ぎおん徳屋

Provided by

Provided by

このお店の人気商品はわらびもち! 「徳屋の本わらびもち(1,200円)」は選びぬかれた本物のわらび粉だけを使った京都でも数少ないお店です。
ここのわらびもちは他店とは大きく違う特徴があります。それはお皿の中心がかき氷のようなっていて、その周りをいくつものわらびもちが囲んでいます。
これはできたてアツアツのわらびもちを使っているので、そのおいしさを保ちながら食べられる適温にするために考案されました。そのおいしさも然ることながら、初めて見たときのインパクトも大きいですよ!
他にもプルッとした食感がおいしい「お抹茶の本くずもち(1,200円)」も人気の一品です。

ぎおん徳屋
住所:京都市東山区祇園町南側570-127
電話:075-561-5554
営業時間:12:00~18:00(売り切れ次第終了)
定休日:なし
ホームページ:http://gion-tokuya.jp/

8. うめぞのCAFE & GALLERY

Provided by

Provided by

ここのメニューには「抹茶のホットケーキ(930円)」「生麩のパフェ(780円)」「黒糖のフレンチトースト(780円)」など他のカフェでは見かけない珍しい商品がたくさんあります。特に抹茶のホットケーキは京都産の宇治抹茶が入っていて本格的な味になっていますよ!
色々な種類のスイーツを食べたい方には「甘味点心(670円)」がおすすめ! 日替わり6種類の甘味が少しずつ食べられるお得なセットです。
またここにはギャラリーが併設されていて、陶器や絵画など、その時々の展示がされています。

うめぞの CAFE & GALLERY
住所:京都府京都市中京区不動町180
電話:075-241-0577
営業時間:11:30~19:00(ラストオーダー 18:30)
定休日:なし
ホームページ:http://umezono-kyoto.com/cafe/

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
Compathyマガジンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP