体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

カナダ・トロント旅行を満喫!おすすめ観光スポットTOP10

カナダ・トロント旅行を満喫!おすすめ観光スポットTOP10
Photo credit: Moyuru Matsuda「-25℃でもアツい国!冬のカナダ散策は、痛たのしい!」

Photo credit: Moyuru Matsuda「-25℃でもアツい国!冬のカナダ散策は、痛たのしい!」

こんにちは! Compathy Magazineライターのkomiです。
カナダ最大の都市であり、カナダ経済の中心としてたくさんの高層ビルが立ち並ぶ大都会トロント。
そんなトロントにはもちろん観光地がいっぱいあります! 巨大な水中トンネルのなかを歩ける水族館や市民に愛され続ける市場、大富豪が築き上げた豪華な邸宅など、魅力ある観光スポットがたくさんあります。
旅行のスケジュールを立てるだけでもわくわくしますよね! 今回はカナダが誇る大都会・トロントのおすすめ観光スポットをご紹介します。

トロントってどんな都市?

トロントは、カナダオンタリオ州にある都市。同州最大の都市かつ州都であり、同国最大の都市でもある。オンタリオ湖岸の北西に位置し、2006年統計で人口およそ250万人。北米有数の世界都市であり、2010年の都市圏人口は590万人と北米ではニューヨーク、ロサンゼルス、シカゴに次ぐ4番目の大都市である。
出典:トロント-Wikipediaより

面積:630.2㎢
人口:261.5万人(2011年時点)

1. トロント・アイランド・パーク

ONTARIO-00636 - Time to Leave by archer10 (Dennis) (72M Views), on Flickr
“ONTARIO-00636 – Time to Leave” (CC BY-SA 2.0) by  archer10 (Dennis) (72M Views) 

ウェスティン・ハーバー・キャッスルホテルの裏にあるフェリー乗り場から乗船して、約10分で到着するトロント・アイランド・パーク。こちらはワーズ島、セントラル島、ハンランズ・ポイント島の3つで構成されており、自然のなかでカヌーやボート、ビーチでは水遊びを楽しめます。
遊園地もあるので、1日いても飽きることはありません!

トロント・アイランド・パーク(Toronto Island Park)
住所:Jack Layton Ferry Terminal at 9 Queens Quay W,
電話番号:(416)-397-2628
料金:【フェリー乗船料】(大人)$7.25(15歳~19歳、65歳以上)$4.75(2歳~14歳)$3.50(2歳以下)無料
ホームページ:http://www1.toronto.ca/wps/portal/contentonly?vgnextoid=5b1619f8602a0410VgnVCM10000071d60f89RCRD

2. CNタワー

Photo credit: Narumi Terahara「世界遺産ナイアガラの滝&トロント」

Photo credit: Narumi Terahara「世界遺産ナイアガラの滝&トロント」

553.33mの高さを誇り、4つの展望台を有する電波塔CNタワーは、トロントのシンボルとも言える存在です。展望台は342m地点、346m地点、351m地点、447m地点にあります。
床がガラス張りになっていたり、360度のパノラマを楽しめたりとそれぞれの展望台には楽しめる工夫が凝らされていますよ! トロントの街並みや高層ビル群を贅沢に満喫できる絶景スポットです。

1 2 3次のページ
Compathyマガジンの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。