ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

ついにキター!!J.J.エイブラムス最新作『10 クローバーフィールド・レーン』特報解禁で正体不明の「奴ら」が登場

DATE:
  • ガジェット通信を≫

ついにキター!!J.J.エイブラムス最新作『10 クローバーフィールド・レーン』特報解禁で正体不明の「奴ら」が登場

『スター・ウォーズ/フォースの覚醒』のJ.J.エイブラムス製作の最新作『10 クローバーフィールド・レーン』が6月17日(金)より公開される。この度、先日紹介した、謎が謎を呼ぶオリジナルトレーラーから一転、その謎が少しだけ明かされている、本作の衝撃的な特報映像が明らかになった。

https://youtu.be/LJ49gSpCtrY

突然の衝突事故に見舞われたミシェルが目を覚ますと、見知らぬ男が、「襲撃された。人類は滅亡した」と話す。どうやらここは、その男のシェルターらしい。突然の揺れ、激しく怒り出す男…。シェルターから脱出したミシェルだったが、不気味な光を灯した正体不明の”奴ら”が突如現れるー。果たして、”奴ら”は一体何者なのか?ミシェルは無事生き逃れることができるのか?短い映像ながらも、少しだけ映し出される”奴ら”の姿に震えずにはいられない、まだまだ予想のつかない衝撃的な映像に仕上がっている。

また、併せて、正体不明の”奴ら”が主人公・ミシェルを襲う、衝撃のポスタービジュアルも到着した。

多くの謎に包まれながらも3月11日(現地時間)に北米3,391館で公開された本作は、公開3日間で、興行収入24,702,752ドルを記録(Box Office Mojo調べ)。海外メディアからは「息もつかせぬ展開の連続に、あなたは手に汗を握りつづけるだろう」(ROLLING STONE)、「アドレナリン大放出!」(THE HOLLYWOOD REPORTER)、「もう一度観たくてたまらない!」(ACCESS HOLLYWOOD)など絶賛の声が相次ぎ、米映画評集計サイトのRotten Tomatoesでは、90%以上という高得点を獲得している。

謎の男・ハワードを演じるのは、幅広いジャンルで活躍する演技派俳優・ジョン・グッドマン、女性・ミシェルを演じるのは、『ダイ・ハード』シリーズでブルース・ウィリス演じるジョン・マクレーン刑事の娘・ルーシー役を演じ人気上昇中のメアリー・エリザベス・ウィンステッド。もう一人の男・エメットにはトニー賞受賞歴もあるなど、舞台でも活躍するジョン・ギャラガー Jr.。実力派の若手とベテランが織りなすキャスト3人のアンサンブルが、『10クローバーフィールド・レーン』の謎めいた世界に観客を引き込んでいく――。

目を覚ましたら、シェルターの中にいることに気付いたミシェル(メアリー・エリザベス・ウィンステッド)。その日から「きみを救うためにここへ連れてきた」と話すハワード(ジョン・グッドマン)、自らシェルターに逃げてきたエメット(ジョン・ギャラガー・ジュニア)の3人のシェルターでの共同生活が始まる。ハワードは、本当に信用できるのか?それとも別の目的がある悪人なのか?疑心暗鬼の中、共同生活が続いていく――。ある日、ミシェルは必死にシェルターから抜け出そうと試みるが、「ドアを開けるな!皆 殺されるぞ!」と叫びながら制止しようとするハワード。ミッシェルはシェルターのドアまでたどり着く。ミシェルの表情が恐怖と驚きに満ちた表情に変わっていく。シェルターのドア越し、彼女の眼に見えていた世界とは――?

映画『10 クローバーフィールド・レーン』は6月17日(金)より全国公開!!

(C)2016 PARAMOUNT PICTURES. ALL RIGHTS RESERVED.

■参照リンク
映画『10 クローバーフィールド・レーン』公式サイト
10cloverfieldlane.jp

■今月のAOL特集
マコーレー・カルキン、エドワード・ファーロングら元人気子役たちの今&昔【フォト集】

関連記事リンク(外部サイト)

『Mステ』スピッツ・草野マサムネがBABTMETALに見せた「ある気遣い」が話題に 「イイ人すぎる」「可愛いw」
伊藤英明&小栗旬のある意外な姿が女性ファンに大好評 「イケメンのこういう姿って大好物」
赤江珠緒、酔っ払いエピソードが衝撃すぎてネット上で話題に 「加藤浩次に上から目線w」「上地雄輔のグラスを破壊」
今すぐ試したい!『マツコの知らない世界』で紹介されたカレーパンの復活法がネットで話題に
『重版出来』要潤演じる漫画家が描くギャグ漫画『黄昏ボンベイ』が面白すぎてドラマの話なのに打ち切りに悲しむ声続出 「俺たちの黄昏ボンベイ!」

カテゴリー : エンタメ タグ :
AOLニュースの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。