ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

サクサク衣ととろーり卵とじのカツ丼

DATE:
  • ガジェット通信を≫

4月27日放送の「じゅん散歩」(テレビ朝日系、午前09時55分~)では、四谷荒木町を散歩する特集で、高田純次さんが「とんかつ鈴新」(東京都新宿区)を訪れた。同店は昭和22年(1947年)創業、平成15年(2003年)に荒木町へと移転してきたとんかつ専門店。

お客さんの提案から生まれたという「かけかつ丼」は、通常のカツ丼とは違いサクサクの食感が楽しめるカツ丼だ。とんかつは吟味された豚肉を使い、毎日使う分だけ作るという自家製パン粉をまとわせた物を、100%ラードの脂でカラッと揚げたこだわりの一品。熱々のご飯の上に、揚げたてのサクサクのとんかつを乗せ、特製の丼タレで煮た玉ねぎを卵でとじた物をかけて完成だ。セットにはみそ汁と小鉢2皿が付いている。
端の脂身部分が好きだという高田純次さんは「これは確かに、このカリカリ感と、この上のしっかりとした味付けが見事にあってるね。あー、この味の濃さ俺好きだな」とコメントした。

※当記事は本放送当時の情報に基づき作成しております。本文中のメニュー名や価格等は変更されている場合がございますのでご了承ください。

関連記事リンク(外部サイト)

ニュースのお店を見る:鈴新 (ぐるなび)のお店紹介
周辺のお店を見る:四ツ谷/四谷のお店紹介
同じジャンルのお店を見る:和食のお店紹介
ぐるなび検索:四ツ谷/四谷×和食のお店一覧
いろいろな部位の豚料理が楽しめます
社員食堂で味わえる旬の食材を活かした定食の数々

テレビに出たお店ニュースの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP