ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

中島美嘉、初のアコースティックツアー初日は圧巻の表現力で会場を感動の渦に

DATE:
  • ガジェット通信を≫

中島美嘉が初のアコースティックツアー「THE ACOUSTIC 2016 〜MIKA NAKASHIMA 1st Premium Tour〜」を全20ヶ所24公演で開催する。同ツアーが、4月27日埼玉・和光市民文化センターを皮切りにスタートした。

本ツアーでは[目と耳で楽しむライヴ]をテーマに、“歌詞が今の自分の心境と重なる”と自ら選曲、発案した紗幕などを使った演出で、シェールのカヴァー曲「You Haven’t Seen The Last Of Me」をオープニングで初披露。

大歓声が沸き起こる中、「皆さん、こんばんは〜中島美嘉です。ようこそ、アコースティックツアーへ。私はアコースティックが大好きで、これまでも大切にしてきました。15周年イヤーと言う事で、今回のツアーはアコースティック編成でラストまでやります。今回、私は歌手としてステージに立っている訳ではなく、みなさんの代弁者として立っています。(みなさんの)辛いことなど、私に投げて、私に発散して、心を開放して楽しんで下さい。」と挨拶をしたのち、「一番綺麗な私を」「見えない星」などを次々に披露。

後半ではタイトなロングドレスに着替え、以前にも増した圧巻の表現力で「雪の華」「花束」など含む全17曲を熱唱し感涙する観客が続出。また本ツアーではバレエダンサー、ひとりでできるもんもステージに登場し中島美嘉ならではの独創的な世界観で会場を包み込んでいた。

本編ラストのMCでは「最近、九州でとても悲しい出来事が起きてしまいました。私は悔しいですけど何もする事ができません。ただ、歌う事、表現する事は誰にも負けない、そう思っています。とても素敵な曲がありますのでこの曲を捧げたいと思います」と思いを伝え「SONG FOR A WISH」を熱唱し、最後まで観客を魅了。無事ツアー初日の公演を終えた。

Photo by 小堺克己

ライブ概要
タイトル:THE ACOUSTIC 2016〜MIKA NAKASHIMA 1st premium Tour〜
日程:2016年4月27日(水)
会場:埼玉和光市民文化センター
時間:開場18:00/開演18:30

ツアー情報
「THE ACOUSTIC 2016 〜MIKA NAKASHIMA 1st Premium Tour〜」
4月29日(金・祝)イズミティ21 大ホール《宮城》
5月2日(月)NHK大阪ホール《大阪》
5月7日(土)愛知県芸術劇場 大ホール《愛知》
5月12日(木)福岡シンフォニーホール《福岡》
5月14日(土)広島JMSアステールプラザ大ホール《広島》
5月15日(日)周南市文化会館《山口》
5月19日(木)鎌倉芸術館《神奈川》
5月21日(土)本多の森ホール《石川》
5月27日(金)和歌山市民会館《和歌山》
5月29日(日)たつの市総合文化会館赤とんぼ文化ホール《兵庫》
6月2日(木)東京国際フォーラム・ホールC《東京》
6月6日(月)東京国際フォーラム・ホールC《東京》
6月7日(火)東京国際フォーラム・ホールC《東京》
6月10日(金)三重県文化会館大ホール《三重》
6月19日(日)沼津市民文化センター《静岡》
6月25日(土)宝山ホール《鹿児島》
6月26日(日)熊本県立劇場 演劇ホール《熊本》
7月2日(土)東京エレクトロン韮崎文化ホール《山梨》
7月3日(日)ハーモニーホール座間《神奈川》
7月10日(日)那須塩原市黒磯文化会館《栃木》
7月18日(月・祝)茨城県民文化センター 大ホール《茨城》
7月22日(金)NHKホール《東京》追加公演
7月29日(金)フェスティバルホール《大阪》追加公演

関連リンク

中島美嘉 オフィシャルサイトhttp://www.mikanakashima.com/
中島美嘉 オフィシャルファンクラブ「Lotus」http://www.mikanakashima.net/
中島美嘉 モバイルサイトhttp://k.mikanakashima.com/mob/
中島美嘉スタッフ&愛猫ハズレhttps://twitter.com/nakashima_mika_
中島美嘉 公式Facebookhttps://www.facebook.com/MikaNakashimaOfficial
中島美嘉 Official Instagramhttp://instagram.com/mikanakashima_official

カテゴリー : エンタメ タグ :
Musicman-NETの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP