ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

熊本地震 LINEの支援スタンプが人気1位に

DATE:
  • ガジェット通信を≫


LINEは4月18日、熊本地震による被災地への支援として、LINEドネーションスタンプ「熊本地震 被災地支援スタンプ」の販売を開始。売上はすべて日本赤十字社の「平成28年熊本地震災害義援金」を通じ、被災者に寄付するという。

【もっと大きな画像や図表を見る】

5月18日までを目途として、同スタンプはLINEアプリ内のスタンプショップ、およびLINE STOREで、120円で販売される。売上総額に含まれるAppleやGoogleなどへの決済手数料については、同等の金額をLINEが負担し、寄付金にするとのこと。

LINEはこれまでにも、台風30号のフィリピン被災者支援スタンプ「Pray for the Philippines」(2013年)、東日本大震災の復興支援スタンプ「3.11こどもスタンプ」(2014年)、ネパール地震の被災者支援スタンプ「Pray for Nepal」(2015年)、台湾地震の支援スタンプ「Pray for Taiwan」(2016年)を販売してきた。現在も、東日本大震災の被災地支援スタンプ「3.11 つながるスタンプ」を販売中だ(9月7日まで)。

「熊本地震 被災地支援スタンプ」に含まれるのは、お馴染みのLINEキャラクターたちがハートを抱いていたり、「LOVE」といった文字を描いたりしているものなど8種類。

Twitterには、

「購入しました。少しでもできることがあれば…」
「支援の心を込めてスタンプ購入。LINE全然使ってないけど」
「被災地支援スタンプ買ったぞい!!!頑張れ熊本!!!」
「“自分にも出来ることから”
私も買いました」

など、早速購入したという報告が多数あがっており、20日10時時点で公式スタンプの人気ランキングで1位となっている。

なお、LINEクリエイターズマーケットでは、これまでにも公式LINEスタンプの売上を寄付したり、今後寄付する意向を示したりしているアカウントがあるほか、一般クリエイターのなかにも、

「今月のLINEスタンプの売上金を寄付させて頂きました。これは買ってくれた皆さんのおかげ。ありがとうございます」
「金曜日から開始致します被災地支援に関してLINEスタンプ販売益も寄付させて頂きます」

などという声がある。“自分にもできる被災地支援”として、スタンプを利用する人は少なくないようだ。
(花賀 太)

記事提供/『R25スマホ情報局』
(R25編集部)

熊本地震 LINEの支援スタンプが人気1位にはコチラ

※コラムの内容は、R25から一部抜粋したものです
※一部のコラムを除き、R25では図・表・写真付きのコラムを掲載しております

関連記事リンク(外部サイト)

宇多田新曲 熊本地震のなかで「沁みる」の声
被災地への千羽鶴 「いらなかった」の声続出
引っ越し業者のLINEナンパ 多発?
「熊本にふるさと納税」できる方法いろいろ
「勤務中も気にせずLINE」派 ○割

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
R25の記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP