ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

世界中で拾った段ボールが、財布として生まれ変わる「Carton」って?

DATE:
  • ガジェット通信を≫


あなたは「段ボール」にどんなイメージを持っているだろうか?

丈夫で使い勝手が良いと考える人もいれば、道端に捨ててある光景から、「不潔なもの」「ゴミ」という印象を抱いている人もいるかもしれない。

ここで紹介する「Carton(カルトン)」は、後者のようなネガティブなイメージを変え、その素晴らしさを再認識してもらうためのプロジェクトだ。

不要なものから
「大切なもの」へ。

段ボールには「ストーリー」がある。遠い海の向こうで、どんな思いでモノが詰められ、どんな経緯で運ばれ、そして捨てられるのか──。

一つひとつの箱が持つ物語に思いを馳せながら、世界中の段ボールを拾い集めている島津冬樹氏が、それらを身近なアイテムに加工する取り組みが「Carton」である。

メインとなるのは以下のような財布やカードケース。思わず心をくすぐられるアイテムが揃っている。

01.
Surf

-Coin & Card Wallet of Cardboard-
Model 2016
サイズ:11.5cm x 7cm
価格:4,000円(税別)

02.
Long

-Long Wallet of Cardboard-
Model 2015
サイズ:9cm x 19cm
価格:10,000円(税別)

03.
Liner

-Folding Wallet of Cardboard-
Model 2016
サイズ:9cm x 12cm
価格:7,000円(税別)

04.
Ducky

-Card Wallet of Cardboard-
Model 2016
サイズ:9cm x 6cm
価格:2,000円(税別)

05.
Raft

-Business Card Wallet of Cardboard-
Model 2014
サイズ:6.5cm x 10.5cm
価格:3,000円(税別)

06.
Tag

-Coin Wallet of Cardboard-
Model 2016
サイズ:9cm x 5cm
価格:2,500円(税別)

07.
Barracks

-Passport Case-
Model 2016
サイズ:12.5cm x 10cm
価格:3,000円(税別)

それぞれのコレクションを、より詳しくチェックしたい人はコチラ

これらに使用する段ボールは
世界20ヵ国以上から

Cartonの財布には、20ヵ国以上で拾い集めた段ボールが用いられているのだそう。

ロシア

イスラエル

メキシコ

カンボジア

チェコ

UAE

香港

段ボールは万国共通のツール。だが、デザインや材質が国によって異なるのがよく分かる。

実際に作ってみたい人は
ワークショップで


Cartonでは、実際に財布や定期入れを制作できる「ワークショプ」も開催している模様。特別なスキルは必要なく、簡単な切り貼りだけで作れるようなので、興味のある人はぜひ挑戦してみてはどうだろうか。

最後に
コンセプトムービーも
見てほしい。

Licensed material used with permission by Carton

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
TABI LABOの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP