ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

Google Playストアでアプリの「広告を含む」の表示が有効化

DATE:
  • ガジェット通信を≫

Google が昨年 11 月にメールで通知していた Google Play ストアの「広告あり」の表示を実際に有効にしました。Google は広告を表示する全てのアプリを Google Play ストアの中で「広告表示あり」と明記する方針を示しており、昨年の時点ではファミリー向けのアプリに限ってで実既していましたが、その対象を全アプリにまで拡大しました。アプリの提供者は、アプリにネイティブ広告、第三者の広告ネットワークを介して配信される広告、ディスプレイ広告、バナー広告などの広告を含んでいるのかどうかを宣言しなければなりません。昨年の表示は、「広告保表示あり」でしたが、実際には「広告を含む」に変更されているようです。

■関連記事
パナソニック、VoLTEに対応した「ELUGA I3」をインドで発表
Google、Google Playミュージック聴き放題サービスを最大6人の家族と共有できる「ファミリープラン」を国内で提供開始
Sony、Xperia XをUEFAチャンピオンズリーグの巨大看板でプロモーション

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
juggly.cnの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。