ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

極秘肺がん闘病の野際陽子 羽田美智子には相談していた

DATE:
  • ガジェット通信を≫

《声、まったく出てなかった》《何があったんだろう…。大丈夫かな》。昨年1月4日、ネット上にこんな声が溢れた。同日放送されたテレビドラマ『ドクターズ』(テレビ朝日系)のスペシャル版に出演した野際陽子(80才)への反応だった。

 病院長を演じた野際のセリフは声がかすれていて聞き取りづらく、呼吸もどこか苦しそう。一部はアテレコしたシーンもあったという。テレ朝のスタッフが明かす。

「直後に放送が始まった同作のパート3では、野際さんの役は急遽、“海外出張中”となって1~3話の出演がありませんでした。当時から“体調不良説”が囁かれていたんですが、今になってやっと明確な理由がわかりました。まさか、こんなことになっていたなんて…」

『週刊ポスト』(4月25日発売号)が野際の極秘肺がん闘病を報じた。記事によると、野際は2年ほど前に肺がんに罹患。当時は昼ドラの撮影中で、彼女は額に脂汗を流しながら収録に臨んでいたそうだ。早期発見のため大事には至らなかったが、昨年4月ごろに肺がんが再発し、極秘裏に腫瘍の摘出手術を受けていたという。野際の知人が当時の様子を振り返る。

「手術の影響で肺が縮小して呼吸がスムーズにいかず、退院後も酸素吸入器を利用していたほどです。“ハア、ハア”と息を切らしながらしゃべる姿がとても痛々しかった。でも、スタッフも含め、ほとんど誰にも明かしていませんでした。後輩女優で仲のいい羽田美智子さんには少し相談していたそうです」

 昨年夏から始めた抗がん剤治療の効果で一時期のような息苦しさは収まり、酸素吸入器は不要に。現在も都内の病院に定期的に通い、治療と経過観察の検査をしながら仕事を続けているという。

※女性セブン2016年5月12・19日号

【関連記事】
野際陽子が隠し続けた「肺がん2年壮絶闘病」
【がん検査法4/6】喫煙者は利用したい低線量CT検査とは
肺腺がんは非喫煙者にも多く発生 女性ホルモンとの関係研究も

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。