体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

【機内食】タイ国際航空に乗ると激ウマ料理が食べまくれるぞ / お菓子→本格タイ料理→スイーツ→B級グルメ

thai9

LCC(ローコストキャリア)と呼ばれている航空会社は、徹底的に運賃を安くする代わりに、徹底的にサービスを削り取った航空サービスを提供している。「とにかく激安に旅をしたい」という人にとってLCCは選択肢のひとつとなるが、「不自由さ」から逃れるのは難しい。

・ファーストクラスに乗った感じになる
低価格を追求してLCCに乗りまくっている伊藤さんは「いつもLCCばかり乗ってたんですが、ごくたまにフルサービスキャリア(ANAやJALやタイ国際航空やアリタリアイタリアなどの大手航空会社)に乗ると、たとえエコノミークラスでもファーストクラスに乗った感じになります。特に食事関係が充実していることに気が付きます。なので今はLCCに乗る回数のほうが減りました……」と話していた。

・どれくらい食事面で贅沢ができるのか
そこで今回、タイ国産航空の成田~バンコクの便に乗り、「どれくらい食事面で贅沢ができるのか」を確かめてみた。ちなみに、LCCの場合は食事やドリンクはすべて有料なので、目的地に到着するまでいっさい飲食物は提供されないのが基本だ。

thai15 thai12 thai14

・空飛ぶレストラン!
今回乗ったのは、タイ国際航空が誇る、世界最高クラスの超巨大旅客機A380。まさに空飛ぶホテル! 空飛ぶ映画館! 空飛ぶレストラン! 機体が巨大なので、離着陸時の揺れが極めて少なく、飛んだのかどうかもわからないくらい安定した挙動。とりあえず安定飛行に入るまで本を読んで過ごす。

・ブルボンの「味ごのみ」
最初のグルメきたあああああああああ! 好きなドリンクとおつまみである。もちろんソフトドリンクのほかにアルコールも注文可能。LCCなら数百円とられるが、フルサービスキャリアは全部無料。大事なことなのでもう一度言う。フルサービスキャリアは全部無料(笑)。ちなみに今回はコカコーラ(タイバージョン)とブルボンの「味ごのみ」が出された。ビールを飲みたかったが、料理をしっかり撮影するためコカコーラにしておいた。

thai13 thai11

・スパイシーながら滑らかな食感
次に出たのが、機内食のメインディッシュ、タイカレー! チキンと野菜がゴロゴロと入ったタイカレーで、スパイシーながら滑らかな食感によりマイルドに仕上げられている。ホイルをはずすと、ブワッとタイカレーのスパイスの香りが放たれる。まだ日本上空なのにタイにいる気分キタアアアアアッ!

・ボイルされたインゲンが絶妙にマッチ
なにより、ライスのコンディションがタイカレーにマッチしているのが素晴らしい。引き締まるタイカレーの風味に、ボイルされたインゲンが絶妙にマッチしているのもGOOD! サラダの小皿も評価したい。プリップリの激ウマな小エビがたっぷりとサラダにのっているのだ。

1 2次のページ
Photrip フォトリップの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。