ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

やっかいな虫汚れはキレイに。イベント登壇のヒロミ、記者質問にベッキー気遣う

DATE:
  • ガジェット通信を≫

『クリンビュー』や『インコート』などカーケア商品を販売している株式会社イチネンケミカルズが4月27日に都内で開催した【汚クルマ撃退!クイックお掃除プロジェクト】の発足発表会に、タレントのヒロミが登壇した。

 

A級ライセンスを持ち、芸能界に入る前は自動車のセールスマンをしていたこともあるヒロミ。普段から車のメンテナンスには気を配っているようで「洗車するのは僕の役目」と、掃除が苦手な妻の松本伊代の代わりに、家族全員の自動車を洗車していることを明かした。


ガルヴィ 2015年10月号
Fujisan.co.jpより

アウトドア好きでもあるヒロミ。

ヒロミは、イチネンケミカルズの“お掃除マイスター”から、普段気が付かない愛車の“やっかいな汚れ”について掃除のレクチャーを受け、役立つ小技や情報も披露された。

 

“お掃除マイスター”からは、年平均7.9回も落ちてくるという“鳥のフン”は、乾いて車体にこびりついているので、無理矢理拭き取るのではなく、水分を含ませてから丁寧に取り除くと良いとアドバイス。また夏場は、特にバンパーにつく黒い虫の汚れに注意だそうだ。

 

車内のペットのニオイ対策では、意外に大切なのは“窓ふき”だそうで、ペットが窓に付けた“跡”は、タンパク質を含んだ汚れなのでニオイのもとに…。犬を飼っているヒロミも「知らない間に、鼻の跡とかついているよねぇ」と納得の様子だった。

 

「クルマ汚れを撃退する方法を奥様にも」というススメには「あ、ぼくがやるんで大丈夫!」と即答し会場の笑いを誘った。

 

“やっかいな汚れ”といえば、やっかいな恋愛事情で本日発売の文芸春秋に、編集部に宛てた手紙が掲載されているベッキーについて、記者から質問が飛ぶと「いつでも戻ってくればいいんじゃないかな。僕らは呼ばれたら行くだけ。局や番組側がOKならば復帰すればいいと思う」と応え、

「今は大変だけど頑張ってと思う。ずっと頑張ってきた子が何ヵ月も休んだら、やっぱり気になるじゃない?ベッキー一人が悪いってわけじゃないだろうし……なんてね!」とおどけた様子もみせながら気遣った。

 

『汚クルマ撃退!クイックお掃除プロジェクト応援団長』に就任したヒロミ。最後は「掃除をこまめにすると、車の安全も確認できるから。そういった面でも(掃除は)大切。ぜひ、自分の手で掃除してほしい。」と締めくくった。

 

カテゴリー : エンタメ タグ :
マガジンサミットの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP