ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

プリンスが結成した“ザ・レヴォリューション”、再結集を発表

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 プリンスが4月21日に急逝したことを受け、プリンス&ザ・レヴォリューション時代とその前よりバックバンドを務めた“ザ・レヴォリューション”がリユニオン公演を行うと発表した。

 ザ・レヴォリューションは、メンバーのブラウン・マーク、ボビー・Z、ウェンディ・メルヴォワン、リサ・コールマン、マット・“ドクター”・フィンクによるビデオ映像をフェイスブックにあげ、同ニュースを発表している。

 映像のなかでメルヴォワンは、「プリンスを失い深い悲しみにあるなか、3、4日一緒に過ごした我々はいくつかショーをやりたいと思うようになりました。我々がすぐにやるつもりであると知って欲しくて、こうしてお知らせをしています」などと話している。これ以上の詳細情報は現時点ではまだ発表されていない。

 プリンスによって1979年にミネアポリスで結成されバックバンドを務めはじめるも、1982年リリースのアルバム『1999』までは正式に“ザ・レヴォリューション”と命名されていなかった。メルヴォワンがオリジナル・ギタリストのデズ・ディッカーソンの後任として加入したのは1983年のことだ。1985年にThe Family(プリンスと関連のあったThe Timeのメンバーも含まれていた)のメンバーを加えた同グループは、プリンスと行なった【Hit N Run – Parade Tour】の後、1986年に解散。その後、リユニオン・コンサートを行っているが、プリンスがいないこともあった。

関連記事リンク(外部サイト)

【米ビルボード・アルバム・チャート】プリンスが首位を独占、TOP200に10作がエントリー
RIPプリンス 偉大なるポップ・アイコンのベスト10曲を厳選
モリッシー、同じビーガンのプリンスを追悼しつつエリザベス女王を口撃

Billboard JAPANの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。