体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

GEM 伊山摩穂復活! 野音でのアウェー戦にも笑顔絶やさず「戻ってきました! これからも私らしく頑張りますっ!!」

GEM 伊山摩穂復活! 野音でのアウェー戦にも笑顔絶やさず「戻ってきました! これからも私らしく頑張りますっ!!」

 圧倒的なダンススキルや愛嬌あるキャラクターで人気を博しているメンバー・伊山摩穂が体調不良の治療に専念するため一時活動休止に入り、9人での活動が続いていた実力派ガールズグループ GEM。その伊山が復活を果たし、4月24日 日比谷野外大音楽堂にて開催されたアイドルイベント【iCON DOLL LOUNGE】に10人体制で出演した。

GEM キュートなライブ写真一覧

<約1か月間の活動休止期間を経て復帰「今日からまた私らしく頑張ります!」>

 GEMは、伊山摩穂が戦線を離脱した後も「気持ちは10人。最高のパフォーマンスを届ける」と、同時期にリリースされた初アルバム『Girls Entertainment Mixture』&新シングル『Fine! ~fly for the future~』のキャンペーンやリリースイベント、定期公演の開催など精力的に活動してきた。そして4月18日、約1か月間の活動休止期間を経て伊山が復帰、ツイッターで「休止中たくさんの暖かいメッセージをありがとうございました! 今日からまた私らしく頑張ります! 応援よろしくお願いします」と投稿し、再始動を宣言した。

 そして完全形態に戻ったGEMに相応しい、日比谷野外大音楽堂でのアイドルイベント【iCON DOLL LOUNGE】へ10人で出演。アイドル応援アプリ『CHEERZ』による「アイドルとファッション」をテーマにしたイベントということもあり、各メンバーはファッションショーにも登場し、そのコーディネイトやランウェイを歩く姿でも個性を発揮した。

<アウェー戦にも全力で立ち向かっていく10人の姿>

 ライブの出番は、野音ではベストタイムとも言える陽が暮れてきた18時頃。でんぱ組.incがヘッドライナーを務め、サブカルシーンを席巻しているアイドルグループとそのファンたちが大半を占めるアウェー戦ではあったが、それでも10人は恒例のオープニングSEでもある「Girls Entertainment Overture」と共に登場すると、全出演者の中で最もハイレベルであろう完成度の高いダンスパフォーマンスを繰り広げ、大空の下で「青い空の下 太陽にKiss you」と笑顔を絶やさず歌い続ける。

 最後は「皆さん一緒に手をあげて、クラップして、立って盛り上がってくださぁーい! クラップ! クラップ! クラップ!」と懸命に煽りながら、伝家の宝刀とも言えるキラーチューン「Do You Believe?」を披露。開放的な空間に放たれるハイトーンと、ポップの限りを尽くしたかのようなダンスミュージック、そして特攻隊長の伊山を先頭に野音の中心まで伸びるランウェイを駆け抜け、その腕をぶんぶん振り回しながら普段とは違う客層に立ち向かっていく姿は、涙が出るほど健気で勇ましかった。

<「戻ってきました! これからも私らしく頑張りますっ!!」>

 なお、ビルボードジャパンcom編集部は、同ライブの終演後、伊山摩穂に直撃。活動休止期間から今日のステージに立つまでの心情、ここからまた始まるであろう快進撃に向けての意気込みを語ってもらった。
 
◎伊山摩穂(GEM)復帰後初インタビュー

--まずおかえりなさい。
伊山摩穂:ありがとうございます!
--約1か月ほど治療/療養に時間を費やしていた訳ですが、活動休止が決まったときはどんな気持ちになりました?
伊山摩穂:本当にライブが大好きだし、ライブがあって「生きてる!」っていう感じだったので、それが出来なくなることに対してはもちろん不安でしたし、体調悪くなった自分が悔しくて! 本当に「どうしよう?」って感じで挫折してました。
--それからどんな気分で休んでいたの?
伊山摩穂:最初の3日間ぐらいはすごく落ち込んでいたんですけど、その後は「復活するときには、本当に万全な状態で挑まないといけない」って思っていたので、毎日筋トレとか、歩いたり走ったりして、「最高の自分になろう!」と思ってコンディションを整えてました。みんなが頑張っている間に自分も頑張ろうと思って。

--その期間もGEMの状況は把握していたの?
伊山摩穂:してました! ツイッターのTLとかに流れてくるので、それを見ながら「うわぁ! 私もステージに立ちたい!」って思ってました。
--伊山さん不在の定期公演(http://bit.ly/1Qyeldp)を観させてもらったんですが、伊山さんがいなくても「気持ちは10人。最高のパフォーマンスを届ける」って言ってて、そういうメンバーの想いに対してはどんな気持ちになりました?
伊山摩穂:すごく嬉しいなと思って! 居場所を取っておいてくれている気がして、メンバーから直接LINEでメッセージもらったり、連絡もらったりもしていたので、「有り難いな、良いメンバーを持ったな」って思いました。
--ファンの声に対しては?
伊山摩穂:毎日ツイッターでリプとか送ってくださって! 「摩穂がいないと寂しい」とか「摩穂がいないとライブの煽りが物足りない」とか……それは嬉しかったです。

1 2次のページ
Billboard JAPANの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。