ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

ポーランド航空のプレミアムエコノミーがビジネスクラス並み!

DATE:
  • ガジェット通信を≫

Compathy Magazineライターの、毎月世界を暮らすように旅するワールドトラベラーKANAです。

ヨーロッパを旅するとなると、長距離のフライトは必須。「ビジネスクラスにしたいけれどお金が…」なんて方に朗報です! なんと、LOTポーランド航空のプレミアムエコノミーでは、ビジネスクラスレベルのフライトを体験できるのです。

DSC07665

成田〜ワルシャワへの直行便が就航

今年の1月に、LOTポーランド航空の成田空港とワルシャワ空港を繋ぐ直行便が就航しました。成田空港を朝出発し、ワルシャワ空港に夕方到着します。

プレミアムエコノミーでビジネス体験

おすすめしたいのは、プレミアムエコノミー。通常他社のプレミアムエコノミーだと、少し座席にゆとりがあったり、アメニティがついてきたりする程度。機内食も同じところが多いかと思います。

しかし、 ポーランド航空は違います! なんと搭乗から着陸まで、まるでビジネスクラスのような体験ができるのです。それではその機能とサービスをご紹介します。

(1) 座席はビジネスクラスレベル

DSC00840
プレミアムエコノミーの座席は、エコノミーの座席とはまるで違います。シートが通常の1.5倍近く広くなっており、背もたれを深く倒し、フットレスを上げれば快適に睡眠をとることができます。

(2) ウェルカムシャンパン

DSC00845
プレミアムエコノミーでは、着席するとウェルカムドリンクでおもてなしをしてくれます。ソフトドリンクの他、シャンパンのご用意も。雑誌片手に寛ぎながら、他の方の搭乗を優雅に待ちましょう。

(3) 空の上のレストラン

DSC00859
機内食もエコノミーとは雲泥の差。生ハムやサーモンなどの前菜に、メインは濃厚ソースと絡めて頂くフィッシュ等のグリル。さらに数種類のチーズプレートに、甘すぎず程よい味わいのデザートまで。

食器もホワイトの重量感ある器で、カトラリーもしっかりとしていてビジネスクラスレベルです。まさに空の上のレストランですね。

(4)アメニティも充実

DSC00851
プレミアムエコノミーではアメニティも用意されています。ポーランド航空のテーマカラーであるブルーのポーチに入っていたのは、ソックス、アイマスク、耳栓、歯ブラシ等。アメニティがあるだけでも快適度は異なります。

夢のような空の上の旅を

このようにビジネスクラス並みのサービスが体験できるポーランド航空のプレミアムエコノミー。

当日でも空席があればアップグレード可能なので、夢のビジネスクラス体験を楽しんでみてはいかがでしょう?

素敵な空の旅を!

◆文・写真:KANA (Instagram@xxxkanaaaa)

(旅フォトジャーナリストとして世界を飛び回る。各国の人々の暮らしや世界観を写真と文で表現。多数のメディアで旅の連載を持ち、ガイドブックも手掛ける。)

この旅の関連旅行記

*KANA「【ハンガリー・ブダペスト女子旅旅行記】ワインに美食に温泉に絶景!夢の8日間
*KANA「【ハンガリー女子旅旅行記】郊外の温泉湖ヘーヴィーズやティファニー、世界遺産の町ホッロークーへ!
*KANA「【ハンガリー女子旅旅行記】ワインの王様トカイ地方で絶景ワイナリー巡り

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
Compathyマガジンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。