ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

国産もいいですが、シングルモルトのスコッチからウイスキーにハマりませんか?

DATE:
  • ガジェット通信を≫


海外賞レースでの好成績やNHK朝の連続テレビ小説『マッサン』などのトピックから火がついた国産ウイスキー人気。それ自体は喜ばしいことですが、人気ゆえに国産モノは品薄状態が続いているみたい……。

ここでは、国産ではなく「スコッチウイスキーのシングルモルト」を紹介したいと思います。

スコッチといえば世界のウイスキー生産量の7割を占めると言われる産地。なかでもシングルモルトは、大麦麦芽のみを使用し、一つの蒸溜所のみでつくられたウイスキー。つまり、蒸留所の個性や魅力が反映されやすく、これからウイスキーを嗜もう!という人にピッタリです。

セレクターは、 この方。自らのコレクションから珠玉の5本を選んでくれました。

早川哲朗
プロデューサー / DJ / オイスターマイスター
2000年頃よりウイスキーを嗜み、2007年からはシングルモルトウイスキーに傾倒。所有するウイスキーは、中熟のシングルカスク(=樽出し)を中心に300本以上。スコットランド渡航暦5回、訪ねた蒸留所は45箇所以上にのぼる筋金入りの愛好家。

「まず1本!」なら
このあたりはどうでしょう?

スキャパ スキレン(オフィシャル)
お値段:6,000円前後

「スコットランド北部オークニー諸島のカークウォールにあるスキャパ蒸留所から最近リリースされた新ラインナップです。

一般的に有名というほどではありませんが、多くのバーに置いてあるので外でもチャレンジしやすい銘柄ですね。

ピートによるスモーキーな香りや塩っぽさのバランスがよいのが特徴で、ピート以外にもシリアルやスミレなどの花の香り、味はバニラを中心にクリーミーでシルキーなやさしい味わい……全体的に軽やかですよ」

オルトモア 1992 (インプレッシブ・カスク)
お値段6,000円前後

「スコットランドでも、蒸留所が密集する地域であるスペイサイド・キース北部のオルトモア蒸留所で、1992年に蒸留された日本限定シングルカスクウイスキーです。

口をつけた瞬間『これがウイスキー!?』と先入観を覆してくれるはず。それだけ、豊潤さと甘みを感じられます。カクテルが好きという女性にも受けそうです。

香りは蜂蜜やバニラ、少し和菓子っぽい甘みも感じます。味はパイン、蜂蜜に加えて、グレープフルーツのわたのような苦味も」

肉料理と一緒に楽しむなら
この1本を!

ベンリアック 12年
シェリーウッドフィニッシュ(オフィシャル)
お値段5,000円前後

「人気の高いベンリアック蒸留所から。余談ですが、ここは『マッサン』こと、ニッカの創業者竹鶴正孝氏が修行したロングモーン蒸留所のお隣さんです。こちらは、6年ほど前にファーストリリースされて以来、ファンの間では“最強のコスパモルトのひとつ”として認知されている銘柄です。

オロロソ(=ぶどう品種)とペドロヒメネス(=ぶどう品種)という性格の異なる2つの樽で寝かせた原酒を混ぜて瓶詰めされているため、赤ワインを彷彿とさせる複雑味が魅力。『肉料理には赤でしょう』と思っている人にぜひ試してもらいたい1本です。

味わいは、濃いチョコレートに軽やかなペドロヒメネスの甘さが引き立っています。このあたりも肉の旨みとの相性の良さでしょうね」

魚料理に合わせるなら
こちらで!

グレンドロナック ピーテッド (オフィシャル)
お値段5,000円前後

「蒸留所が点在するスペイサイドにほど近いハントリー郊外の蒸留所から。こちらは、シェリー樽熟成のウイスキーで有名です。

同じスモーキーでも、ピートの香りよりもシェリーの香りが強く、甘みと苦味が感じられるので、そのあたりも面白みのひとつですね。

とくに白身魚や焼き魚などと一緒に楽しむと、塩気が加わり、甘み+苦味+塩味の絶妙なコンビネーションが味わえるはずですよ」

スイーツと合うウイスキー!?
甘党の人も試してみて

ザ・グレンリベット ナデューラ(オフィシャル)
お値段6,000円前後

「一時は『グレンリベット』と名前をつければ売れると言われたほど、味、知名度ともに人気のある蒸留所です。

通常加水されて出荷されるウイスキーですが、水を加えずカスクストレングス(=樽出し)で出荷されているのが特徴です。

蜂蜜やバニラの香りで、味はバナナや朝のシリアル、夏の果実のさっぱりとした甘みを感じます。その味わいは、カカオ濃度の高いチョコレートと絶妙ですよ」

フードクリエイティブファクトリー

「大切な人との暮らしをもっと楽しく」を企業理念とする食のクリエイティブに特化した企画制作チームです。食の企画、レシピ・商品開発、執筆、メディア出演、イベントなどを手がけています。

Q.ウイスキーを楽しむなら?
・自宅で・バーで・アウトドアで

 

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
TABI LABOの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP