体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

「何も見ないで自転車を描いて」。イラストをCG化してみると、想像の斜め上をいくデザインだった

「何も見ないで自転車を描いて」。イラストをCG化してみると、想像の斜め上をいくデザインだった

ここに紹介する自転車は、どれも斬新なフォルムが目を引くものばかり。街乗り、フィールド仕様のコンセプトモデルかと思いきや、よく見ればどこかヘン。サドルがフレームに固定されていたり、チェーンが前輪についていたり、あってはいけないカタチばかりだ。

記憶を頼りに描いたら
“自転車”がトンデモないことに

「何も見ないで自転車を描いて」。イラストをCG化してみると、想像の斜め上をいくデザインだった

たとえば、こちらの自転車。タウンユースに最適そうなシンプルなデザインだが、どこか違和感を感じないだろうか?そう、ペダルがない。チェーンもない。つまり、これじゃ乗れないし自転車として成立していない。

どうしてこんなデザインが生まれたかといえば…じつはこれ、19歳の学生Leonardoさんが記憶を頼りに描いた、ざっくり自転車のイメージをカタチにしたものだから。以下が彼のラフスケッチ。どう、そっくりそのままでしょ?
「何も見ないで自転車を描いて」。イラストをCG化してみると、想像の斜め上をいくデザインだった

もしも、あなたが突然、「何も見ないで自転車描いてくれる?」いきなりこうムチャぶりされたとしたら、はたしてLeonardoさんを嘲笑うことができるだろうか?毎日目にし、乗ってはいても、それを実際絵に描くとなるとディテールの記憶なんて、いかに曖昧なものだろう。

どこか「ヘン」な自転車
曖昧な記憶をカタチにしました

これは、イタリア系アメリカ人デザイナーGianluca Giminiさんによるアートプロジェクト。「何も見ないで自転車を描いてくれるかい?」、親しい友人だけでなく見ず知らずの人にもお願いし、彼は約6年間かけて376枚のイラストを集めた。年齢は3歳から88歳、絵心のある人も中にはいたようだが、「完璧な自転車」と呼ぶにはどこか足りない、曖昧なモノがほとんどだったとか。

ところが、そのざっくり、中途半端な自転車たちをCG化してみると、どれもじつに愛嬌があって面白い。以下に、元のイラストと対比させてご紹介。個性的な自転車がズラリ。機能うんぬんは別として、結構イケてる!

01.

「何も見ないで自転車を描いて」。イラストをCG化してみると、想像の斜め上をいくデザインだった
「何も見ないで自転車を描いて」。イラストをCG化してみると、想像の斜め上をいくデザインだった

02.

「何も見ないで自転車を描いて」。イラストをCG化してみると、想像の斜め上をいくデザインだった
「何も見ないで自転車を描いて」。イラストをCG化してみると、想像の斜め上をいくデザインだった

03.

「何も見ないで自転車を描いて」。イラストをCG化してみると、想像の斜め上をいくデザインだった
「何も見ないで自転車を描いて」。イラストをCG化してみると、想像の斜め上をいくデザインだった

1 2 3次のページ
TABI LABOの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

山寺宏一&高木渉で『ポプテピピック』

GetNews girl / GetNews boy