ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

移動手段はこれで完璧!オーストリアの鉄道情報まとめ

DATE:
  • ガジェット通信を≫


Photo credit: Nitta Hiroshi「映画Before Sunriseのロケ地を訪ねて オーストリア、ウィーン

こんにちは、Compathy Magazineライターの新田浩之です。

今回は、オーストリアの鉄道情報をお届けします。オーストリアを旅行する上で、一番オススメの交通手段は鉄道。平原を突っ走る列車もあれば、美しい山々を堪能できる列車もあります。今回の記事を読んで、オーストリアでの有意義な鉄道旅行をお楽しみください。

オーストリアの概要

本題であるオーストリアの鉄道を解説する前に、オーストリアの概要を確認しておきましょう。オーストリアの面積は約8.4万平方キロメートルで北海道と同じくらいです。首都は国際都市、ウィーン。人口は約850万人です。公用語はドイツ語です(オーストリア語はありません)。通貨はヨーロッパでおなじみのユーロになります。

Photo credit: Michael Pollak via Flickr CC

オーストリアの列車種別

オーストリアの列車種別は大きく分けると以下の6種類があります。

レイルジェット(RJ)

オーストリアを走る列車の中で一番速い列車。「オーストリアの新幹線」といった具合です。最高速度は230km/h。座席はプレミアム、ファースト、エコノミーの3種類。基本的に任意予約制(予約してもしなくてもいい)の列車です。

インターシティー・エクスプレス(ICE)

ドイツではおなじみの高速列車です。もちろん、ドイツからオーストリア、ウィーンまで乗り入れています。座席はファーストクラスとセカンドクラスの2種類。オーストリアのレイルジェットが赤色なら、ICEは白色が基調となります。レイルジェットとおなじく任意予約制の列車です。

ユーロシティー(EC)

ヨーロッパではおなじみの客車による国際列車です。レイルジェットやICEが登場しても、まだまだ頑張っています。ドイツ、スイス、イタリアなど幅広く運行。座席は1等車と2等車の2タイプ。列車によっては食堂車も連結されています。基本的には任意予約制ですが、イタリア方面の列車は全車指定席となります。

インターシティー(IC)

ユーロシティーが国際列車なら、インターシティーは国内列車になります。同じく、客車主体の列車です。オーストリアの主要都市を訪れる際は、必ずお世話になる列車ではないでしょうか。座席はユーロシティーと同じく1等車と2等車の構成です。1時間間隔のフリークエンシーサービスが自慢。任意予約制の列車です。

レギオナルエクスプレス(REX)

日本でいう快速列車にあたる列車です。インターシティーよりも停車駅が多く、時間がかかります。旅行時にお世話になるのはウィーンからスロバキアのブラチスラバ行きだけではないでしょうか。座席は1等車がある列車もありますが、ほとんどが2等車のみ。全車自由席です。

レギオナルツーク

いわゆる普通列車です。あまりお世話になることは多くないでしょう。ただ、のんびりとした鈍行旅もいいかもしれません。なお、ウィーン近郊はSバーン(近郊電車)になります。2等のみの構成で全車自由席です。

ユーロナイト(EN)

ヨーロッパ各地を結ぶ国際列車です。主に、西側方面の夜行列車はユーロナイトと呼ばれています。

Photo credit: Nitta Hiroshi「「ミニプラハ」という言葉が似合いそうな町、チェコ共和国、ブルノ

オーストリアからの国際列車

次にオーストリアからの国際列車を具体的に見ていきましょう

ドイツ方面

さすがに、ドイツ方面には多くの列車があります。代表的なルートは以下の通りです。
・ウィーン~フランクフルト(ICE)
・ウィーン~ミュンヘン(RJ)
・ウィーン~ケルン・ドルトムント(ICE・EN)
・ウィーン~ハンブルク(ICE)

イタリア方面

イタリアへは夜行列車が中心となります。
・ウィーン~ローマ(EN)
・ウィーン~ピサ(EN)
・ウィーン~ミラノ(EN)
・ウィーン~ヴェネチア(IC)

スイス方面

スイス方面へはウィーンからチューリッヒまでのロングランRJが走っています
・ウィーン~チューリッヒ(RJ・EN)

ハンガリー方面

ウィーンからブダペストへはRJが1時間~2時間おきに発車しています。
・ウィーン~ブダペスト(RJ)

チェコ方面

近年、チェコのRJも乗り入れるようになりました。
・ウィーン~プラハ(RJ・夜行列車)

ポーランド方面

ポーランド方面へはワルシャワ方面とクラクフ行きがあります。
・ウィーン~ワルシャワ・グディニャ(EC・夜行列車)
・ウィーン~クラクフ(夜行列車)

スロベニア・クロアチア方面

クロアチア方面の列車はスロベニアを通りますが、リュブリャーナには行きません。
・ウィーン~リュブリャーナ(EC)
・ウィーン~ザグレブ(EC)

セルビア方面

ブダペスト経由ベオグラード行きが1日1本あります。
・ウィーン~ベオグラード(IC)

ベラルーシ・ロシア方面

西側への夜行列車は少なくなっていますが、東側は健在です。
・ウィーン~ミンスク・モスクワ(夜行列車)
・ウィーン~モスクワ・サンクトペテルブルク(夜行列車)

スロバキア方面

ウィーンからわずか1時間。気軽に乗れる国際列車です。
・ウィーン~ブラチスラバ 

主要なオーストリアの国内路線

主要な国内路線と所要時間は以下の通りです。

・ウィーン~インスブルック 4時間15分
・ウィーン~ザルツブルク 2時間30分
・ウィーン~ウイラッハ 4時間15分
・ウィーン~グラーツ 1時間35分 
・ザルツブルク~インスブルック 1時間50分
・グラーツ~ザルツブルク 2時間30分
・ザルツブルク~ウイラッハ 2時間30分 

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
Compathyマガジンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP