体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

移動手段はこれで完璧!オーストリアの鉄道情報まとめ

移動手段はこれで完璧!オーストリアの鉄道情報まとめ
Photo credit: Nitta Hiroshi「映画Before Sunriseのロケ地を訪ねて オーストリア、ウィーン」

Photo credit: Nitta Hiroshi「映画Before Sunriseのロケ地を訪ねて オーストリア、ウィーン

こんにちは、Compathy Magazineライターの新田浩之です。

今回は、オーストリアの鉄道情報をお届けします。オーストリアを旅行する上で、一番オススメの交通手段は鉄道。平原を突っ走る列車もあれば、美しい山々を堪能できる列車もあります。今回の記事を読んで、オーストリアでの有意義な鉄道旅行をお楽しみください。

オーストリアの概要

本題であるオーストリアの鉄道を解説する前に、オーストリアの概要を確認しておきましょう。オーストリアの面積は約8.4万平方キロメートルで北海道と同じくらいです。首都は国際都市、ウィーン。人口は約850万人です。公用語はドイツ語です(オーストリア語はありません)。通貨はヨーロッパでおなじみのユーロになります。
Photo credit: Michael Pollak via Flickr CC

Photo credit: Michael Pollak via Flickr CC

オーストリアの列車種別

オーストリアの列車種別は大きく分けると以下の6種類があります。

レイルジェット(RJ)

オーストリアを走る列車の中で一番速い列車。「オーストリアの新幹線」といった具合です。最高速度は230km/h。座席はプレミアム、ファースト、エコノミーの3種類。基本的に任意予約制(予約してもしなくてもいい)の列車です。

インターシティー・エクスプレス(ICE)

ドイツではおなじみの高速列車です。もちろん、ドイツからオーストリア、ウィーンまで乗り入れています。座席はファーストクラスとセカンドクラスの2種類。オーストリアのレイルジェットが赤色なら、ICEは白色が基調となります。レイルジェットとおなじく任意予約制の列車です。

ユーロシティー(EC)

ヨーロッパではおなじみの客車による国際列車です。レイルジェットやICEが登場しても、まだまだ頑張っています。ドイツ、スイス、イタリアなど幅広く運行。座席は1等車と2等車の2タイプ。列車によっては食堂車も連結されています。基本的には任意予約制ですが、イタリア方面の列車は全車指定席となります。

インターシティー(IC)

1 2次のページ
Compathyマガジンの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。