ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

阪神新守護神マテオ 天然ぶりでファン人気根強い

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 開幕から1か月。スタートダッシュを決めたチームと下位低迷組の明暗を分けたのは、助っ人外国人選手の出来だった──。ここでは巨人と阪神の助っ人の活躍を見てみよう。

 阪神はクローザーの呉昇桓と打線の中軸・マートンの穴を、新守護神のマテオ(年俸7500万円)、クリーンアップを任せる三塁手・ヘイグ(年俸8000万円)で埋めようとした。

 ヘイグは開幕から6試合連続安打。気の早い虎ファンは「(214本安打だった)2010年のマートンと同じペースや!」と盛り上がったが、ズルズルと成績を落とし、4月18日に二軍落ち。

「マテオも開幕から対戦が一巡すると決め球の“鬼スラ”が見極められたのか救援失敗が出るようになった。ただ、マテオは愛嬌があるし、タイムがかかった間に勝手に投球練習を始めて相手チームに抗議されたりする“天然ボケ”のところがあって、ファンの人気は根強い」(タイガース番記者)

 巨人は4番ギャレット(年俸3億円)が開幕直後の3戦連発で話題となったが、その後は不振に陥った。

「ギャレットは超真面目人間ですよ。試合前に必ず内田(順三)コーチのアドバイスを熱心に聞いているが、そのぶんデリケートで、試合前にいきなり体調不良だと言って帰った日もあった。シーズン通して活躍できるのかは疑問」(球団関係者)

※週刊ポスト2016年5月6・13日号

【関連記事】
ダンカン氏「ダメ外国人病が阪神から隣のオリにうつった」
3年で消えた“幻の球団”「高橋ユニオンズ」の軌跡描いた書
グリーンウェルを上回る最凶の助っ人 ペニーは日本人を挑発

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。