体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

走りも楽しみたくなるオススメ通勤車5選【通勤+αで幸せカーライフ】

走りも楽しみたくなるオススメ通勤車5選【通勤+αで幸せカーライフ】 ▲街中でも法定速度の中で走りを楽しむ。これができれば通勤が退屈な時間から有意義な時間に変わるもの。仕事が終わった後のナイトドライブが趣味になるかもしれませんね

▲街中でも法定速度の中で走りを楽しむ。これができれば通勤が退屈な時間から有意義な時間に変わるもの。仕事が終わった後のナイトドライブが趣味になるかもしれませんね

毎日やってくる通勤時間から退屈を取り除こう!

これから職場に行く、あるいは仕事を終え自宅へと帰る時間は、とても退屈なものかもしれません。電車ならまだスマホを眺めながら暇つぶしすることもできますが、車通勤だとそういうわけにもいきません。

毎日同じ道を通り、渋滞にもハマりながら職場へ向かう。車通勤を「面倒」「時間の無駄」と感じている人も多いと思います。

「ものは考えよう」という言葉があります。通勤は退屈で無駄な時間かもしれないですが、逆にこの時間を思い切り楽しめれば、毎日このうえない時間を過ごすことができます。例えば走りを存分に楽しめる車なんか、最高ですよね!

通勤路でも走りを楽しむなら、意識してほしいのは

●日常領域で十分に楽しめる

●車の操作を楽しめる

です。

それではさっそく通勤時間を豊かにしてくれる車たちを紹介しましょう!

スポーツカーの走りを味わうなら――トヨタ 86(現行型)

▲素直なハンドリングやスポーツカー的な走りを楽しみたい人に注目してほしいモデル。150万円を切る中古車はなかなか出てこないので、少し予算に余裕を持っておくといいでしょう

▲素直なハンドリングやスポーツカー的な走りを楽しみたい人に注目してほしいモデル。150万円を切る中古車はなかなか出てこないので、少し予算に余裕を持っておくといいでしょう

5年ほど途絶えていたトヨタのスポーツカーラインナップを復活させた86。2L水平対向エンジンで後輪を駆動させるハンドリングマシンということもあり、峠やサーキットを連想する人もいるはず。でも、シートポジションが低く体感スピードは高めなので、そんなにスピードは出さずとも疾走感を味わえます。あまりスピードを出せない街中でも楽しむことができます。

スポーツカーと言われるとMTを選びたくなりますが、日々の通勤で使うことを考えると扱いやすさとスタイル重視でATを選ぶのがいいでしょう。ATだってコーナーを抜ける爽快感やアクセルを踏み込んだときの加速感は存分に楽しめます。また、スポーツカーにしては大きすぎないサイズなので、街中を走るのに重要な取り回しのしやすさも高ポイントです。

価格帯:125万~1000万円

流通量:約410台

燃費(JC08モード):12.4~13.4km/L

オープンカーならではの爽快感を楽しむなら――ダイハツ コペン(初代)

▲いまだ根強いファンがいる初代コペン。搭載エンジンは直4DOHCターボで最高出力は64ps

▲いまだ根強いファンがいる初代コペン。搭載エンジンは直4DOHCターボで最高出力は64ps

フルオープンにできる2シーターの軽自動車。ルーフは電動開閉式メタルトップなので気軽にオープンを楽しめます。軽自動車ということもあり絶対的なパワーを求めるモデルではありませんが、仕事前や帰路につく際にルーフを開けてのんびりクルージングするのは最高のひとときになるはずです。これから暖かくなればオープンカーにはもってこいの季節ですしね。

でも通勤するのにオープンカーはちょっと……という方は、ルーフをクローズしておけば普通の車と同じように過ごすこともできます。ボディカラーも豊富なので、シルバーやホワイトなどの色を選べば悪目立ちすることもありません。維持費が安く、取り回しがしやすいところもいいですね。

1 2 3次のページ
日刊カーセンサーの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。