体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

こじるり ふなっしー舞台のヒロイン役で声優初挑戦! 舞台挨拶にふなっしーと登壇

こじるり ふなっしー舞台のヒロイン役で声優初挑戦! 舞台挨拶にふなっしーと登壇

 6月30日より公演がスタートする最新鋭の技術を使用したふなっしーじー舞台【レジェンドオブふなっしー】。今回、同舞台のヒロイン役を声優初挑戦となる小島瑠璃子が務めることとなった。

ふなっしーじー×こじるり 画像一覧

 ふなっしーじー舞台【レジェンドオブふなっしー】は、世界初のライブホログラフィック(※1)専用エンタテイメント常設劇場DMM VR THEATERで開催される迫力満点必至の舞台。主演はもちろん“梨の妖精”ふなっしー、そして今回発表されたヒロインのラフラン役は、“こじるり”こと小島瑠璃子が。(※1 視覚トリックを使用した最新鋭の立体視映像表現)

 さらに、まだ発表されていなかった本公演に登場する新キャラクターの情報も公開。ヒロインの“洋梨の妖精”ラフラン(CV:小島瑠璃子)、“ブドウの妖精”グレップル(CV:Lynn)、“バナナの妖精”バニャール(CV:森功至)、“人型ドラゴン”ドラゲー(CV:津田健次郎)、“雑草の子ども”キャロン(CV:小野早稀)といったキャラクターが、ふなっしーとともに舞台を盛り上げる。それぞれがどんな活躍をするのか気になるところだ。

 また、本公演のストーリー情報も新たに公開された。物語の舞台はフューナバシシィ村出身の見習い剣士ふなっしーを主人公とする剣と魔法の世界。モンスター(雑草)に侵略される街を救う剣士として活躍を夢見るふなっしーが、仲間たちとともに街を守るために奮闘していく。ストーリー中盤では、戦いの最中に出会った雑草の子どもを、禁忌を犯して守ろうとするふなっしーの苦悩も。味方との対立、裏切り、そして隠されていた真実など、衝撃的な展開が繰り広げられる見所満載なストーリーだ。

 そして、6月30日には初日舞台挨拶が行われ、主役のふなっしーと、ヒロイン役の小島瑠璃子が初日の第一回公演に登場することも決まっている。これから公開が迫る、ファンタジー超大作ふなっしーじー舞台【レジェンドオブふなっしー】を是非チェックしてほしい。

◎小島瑠璃子 コメント
「ふなっしーさんの舞台にヒロインのラフラン役として、初めて声優に挑戦することになりました! ラフランはストイックな性格で一流剣士になるべく日々鍛錬をするキャラクターです。そんなヒロインの配役をいただきとっても嬉しいです!
今回の舞台は世界最高峰の技術で、まるで魔法のような迫力の演出が実現するので、大人の方もお子様も楽しめること間違いなしです! 最先端の技術を駆使した、ふなっしーじー舞台【レジェンドオブふなっしー】を是非お楽しみください!」

◎登場キャラクター情報
<ふなっしー(梨の妖精)…声:ふなっしー>
フューナバシシィ村出身。昔騎士だった父のことを尊敬していたため、自分も「弱い者を守る、真の騎士」になりたいと願い、ドラゲーの治める街にやって来た。
<ラフラン(洋梨の妖精)…声:小島瑠璃子>
騎士団の剣士。純情可憐な容姿だがストイックで、一流の剣士になるべく自分を鍛えあげることにしか興味がない。ふなっしーに対してはとことん素っ気なく、冷たくあしらう。
<グレップル(ブドウの妖精)…声:Lynn>
騎士団の剣士。実は武道(ブドウ)家。必殺技は「ポリフェノールボンバー」、甘い香りで雑草たちを誘導する。自分の出世と片思い中のラフランの事が大事。
<バニャール(バナナの妖精)…声:森功至>
騎士団の剣士隊長。部下思いの人格者で、騎士たちにも慕われている。昔は凄い剣士だったが年に勝てず、経験と智恵を活かして部隊をまとめる。歩くのがかなり遅い。
<ドラゲー(人型ドラゴン)…声:津田健次郎>
領主であり、騎士団の団長。力強く自信と威厳に満ち尊敬を一身に集める大人物。この地で雑草モンスターの流入を防ぐことが、この国全体を守ることになるとの信念を持ち続け、自らも剣を取り戦ってきた。
<キャロン(雑草の子ども)…声:小野早稀>
頭の葉を回してふらふら飛ぶことができる。鳴き声は「キャロン、キャロン」。とにかく食欲旺盛でなんでも食べようとし、何かあればすぐ齧りつくのでふなっしーもお手上げになってしまう。

1 2次のページ
Billboard JAPANの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。