ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

第69回カンヌ授賞式の放送決定! 出品はグザヴィエ・ドラン、ショーン・ペン、ニコラス・W・レフンの新作など

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 5月22日深夜(日本時間)に行われる第69回カンヌ映画祭授賞式が、CS映画専門チャンネル「ムービープラス」にて日本独占生中継される。

第68回カンヌ映画祭授賞式の写真など

 映画祭のメインとなるコンペティション部門の審査員長には、今年のアカデミー賞で最多となる6部門を受賞した『マッドマックス 怒りのデス・ロード』のジョージ・ミラー監督が就任。ダルデンヌ兄弟監督作『The Unknown Girl(英題)』や、ケン・ローチ監督作『I,Daniel Blake(原題)』といった常連組が名を連ねる中、ショーン・ペンが元恋人のシャーリーズ・セロンを起用し監督した『The Last Face(原題)』、ムービープラスでも放送する『ドライヴ』で第64回カンヌ映画祭の監督賞を受賞したニコラス・ウィンディング・レフン監督作『The Neon Demon(原題)』、昨年カンヌ映画祭の審査員も務めたグザヴィエ・ドラン監督作『It’s Only the End of the World(英題)』なども選出され、早くも受賞結果が楽しみなラインアップとなっている。

 さらにムービープラスでは【カンヌ映画祭スペシャル2016】と題し、世界中から集まったセレブが登場する華やかなレッドカーペットのほか、俳優・監督のインタビューなど貴重な映像満載の情報番組や、今年の映画祭の見どころを紹介する特別番組なども放送。過去のパルム・ドール受賞作『アデル、ブルーは熱い色』(2013)や、同じくパルム・ドール受賞作『オール・ザット・ジャズ』(1979)など、計8作品の受賞作も放送される。

 なお今年もテレビ放送だけにとどまらず、デジタル面においてもいち早く、現地取材による充実した情報がカンヌから届けられる。カンヌ映画祭の特設サイトでは、ニュース記事や動画はもちろん、映画業界関係者によるブログなども配信予定。

関連記事リンク(外部サイト)

ハリポタ新シリーズ『ファンタスティック・ビースト』初公開本編カットが到着
本年度アカデミー賞3部門受賞『レヴェナント:蘇えりし者』ディカプリオのインタビュー映像解禁
ヴィム・ヴェンダース制作総指揮、ダンスと愛の物語『ラスト・タンゴ』予告編公開

Billboard JAPANの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP