ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

2週連続第1位『サンダーバード』日本放映50周年記念音楽盤 広上淳一指揮、ガーデンオーケストラ

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 今週のBillboard JAPAN Top Classical Albumsチャートは、先週に引き続き広上淳一と東京ガーデン・オーケストラによる『サンダーバード 音楽集~オリジナル・スコアによる』が第1位となった。

 2016年の日本放映50周年を記念して、去年から様々なグッズなどが発売されており、本作は作曲者バリー・グレイのオリジナル・スコアによる世界初録音作品。演奏はゲーム音楽をメインレパートリーとする若手演奏家によるオーケストラ、指揮は重鎮の広上淳一という注目盤だ。全国7店舗で『サンダーバード』番組場面写真及び使用オリジナル・スコアのパネル展を約2週間にわたって実施するなど、精力的に展開している。

 第2位には20世紀の名チェリストとして名を馳せたピエール・フルニエの名盤から『J.S.バッハ無伴奏チェロ組曲』全曲の初SACD-SHM化がチャートイン。フルニエは村上春樹『海辺のカフカ』のなかでも名前が登場するなどしており、日本ではクラシックファンに留まらない人気を感じさせるチャートとなった。

 第3位には2015年にデビュー15周年を迎えたギタリスト大萩康司による『天の三羽の鳥~ギターで聴く珠玉のフランス音楽~』がチャートイン。自身と深い繋がりを持つフランスを舞台に、印象派から現代作家の曲、そして「バラ色の人生」「枯葉」などシャンソン曲までを収録した、バラエティとエスプリに満ちたフランス・ギター名曲集となっている。

text by yokano

◎【Top Classical Albums Sales】トップ10
1位「サンダーバード音楽集~オリジナル・スコアによる」広上淳一,東京ガーデン・オーケストラ
2位「J.S.バッハ:無伴奏チェロ組曲全曲」ピエール・フルニエ
3位「天の三羽の鳥~ギターで聴く珠玉のフランス音楽~」大萩康司
4位「1966カルテット Best of Best 抱きしめたい」1966カルテット
5位「Nana 15」Nana
6位「0歳からの育脳クラシック」
7位「モーツァルト:交響曲第36番「リンツ」/交響曲第38番「プラハ」/六つのレンドラー風舞曲」セルジュ・チェリビダッケ
8位「シューベルト:交響曲第3番&第9番「ザ・グレート」」セルジュ・チェリビダッケ
9位「BEST OF THE THREE VIOLINISTS」葉加瀬太郎,高嶋ちさ子,古澤巌
10位「フランク:ヴァイオリン・ソナタ/R.シュトラウス:ヴァイオリン・ソナタ/武満徹:悲歌」諏訪内晶子

関連記事リンク(外部サイト)

5月2日付 Billboard JAPAN Top Classical Albums
ジャニーズWEST「逆転Winner」がセールスで大差を付け総合1位、スピッツ「みなと」ダウンロード3位で早くも総合10位に
小田和正 初オールタイムベストALが初登場1位獲得!エビ中、三代目JSBがトップ3

Billboard JAPANの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP