ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

家族で営む老舗の洋食店「キッチン・マカベ」

DATE:
  • ガジェット通信を≫

4月26日放送の「newsevery.」(日本テレビ系、午後15時50分~)では、街で人気の家族で営む繁盛店を特集。小田急小田原線・祖師ヶ谷大蔵駅から歩いて5分の所にある「キッチン・マカベ」(東京都世田谷区)が紹介された。

こちらは2016年で創業55年を迎える老舗の洋食店で、2代目ご主人とその奥様、3代目の長男をはじめ、家族一丸となって切り盛りしている。週末は地元の人だけではなく、地方から来るお客さんもいると言う人気店だ。

まかないから生まれたという店の看板メニュー「ポークジンジャー」(1430円/税込)を紹介。豚肉のリブロースを2センチ程の厚さにカットし、小麦粉を付けて両面をサッと焼いた後、オーブンで3分間焼く。生姜や玉ねぎなどを醤油、みりん、砂糖に合わせ、一煮立ちさせた甘辛のタレをかけて仕上げれば完成。カリッと焼いた豚肉と生姜の爽やかな香りがたまらない一品だ。

人気メニューの「スペシャルインディアンライス」(1280円/税込)は、カレーにチキンカツを添えた一品。カレーはニンジン、玉ねぎ、ニンニク、生姜をじっくりと炒め、カレー粉と小麦粉を混ぜてペースト状にし、更にオーブンで焼き、焼いたあと混ぜるという作業を7回も繰り返して出来た粉末のカレールーを使って作っている。この作り方は初代から55年続いているのだとか。親子で変わらぬ味を守り続けている。

※当記事は本放送当時の情報に基づき作成しております。本文中のメニュー名や価格等は変更されている場合がございますのでご了承ください。

関連記事リンク(外部サイト)

ニュースのお店を見る:キッチンマカベ(ぐるなび)のお店紹介
周辺のお店を見る:千歳船橋・成城学園前のお店紹介
同じジャンルのお店を見る:洋食・西洋料理のお店紹介
ぐるなび検索:千歳船橋・成城学園前×洋食・西洋料理のお店一覧
ボリューム満点!モンスター級の巨大ハンバーガー
2種類のカレーが深みのあるコクを出す「カレーパン」

テレビに出たお店ニュースの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP