体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

妊娠中の勤務に職場からNGの声、育休明けの労働条件も…。私がが選んだ道は「退職」

f:id:akasuguedi:20160409024333p:plain

妊娠発覚当時、私はレストランでウェイトレスの正社員として働いていました。

まだ入籍はしておらず、妊娠を機に入籍をするにあたり手続きもあるため、職場の上司へは妊娠と入籍を同時に報告するという形になりました。

妊娠初期での報告。

仕事柄、立ち仕事にや重いものを運ぶこともあったので、早目の報告がいいかと思っていました。

主人と上司は、私が上司と知り合う以前からの知人で、お付き合いが始まったときから報告していました。

それもあり、入籍・妊娠を祝福してくれるだろうと思い、主人と一緒に報告しました。

上司は知人としては祝福してくれました。

しかし、上司としては、迷惑そうな反応でした。

その時から、妊娠初期に報告してしまったことをとても後悔しました。

当時、正社員が妊娠という事例がなく、産休も育休もあるのかどうかわからないといった感じでした。

一緒に勤務していた、小学生のお子さんがいるパートの方は、妊娠を報告するととても気をつかってくれました。

特につわりもなく妊娠していると言わなければわからない状態で、身体も動くし…と思って少し重たいものを運ぼうとすると怒られたりして、とてもありがたく感じていました。

その頃、上司から会社へ私の妊娠を報告したと言われました。

そして、『妊娠の初期は何があるかわからない。もし仕事をしたことによって流産などになってしまったら職場の雰囲気も悪くなるから、自主的に休職するように』と言われました。

最初はパートの方たち同様、心配してくれているんだと思っていました。

なので、産婦人科に会社からそういう風に言われたことを言うと、妊娠は病気じゃないし、経過も順調だから、出産の体力が落ちない為にも働いていたほうがいいと先生から言っていただきました。

その旨を上司に報告すると、

『だからといって、パートにも迷惑をかけるし、妊娠ということでお腹も出てきてお客様へ迷惑をかけてしまうかもしれないし』などと言われました。

そこで、ようやく気づきました。

妊婦は働いてると邪魔と思われているんだと。

実際、上司の上司が、奥様の妊娠初期にトラブルがあり、悲しい思いをしたという事実も聞きました。

それを心配してのことと言われました。

でも妊娠初期だから仕事を控えることとは違う、と思いました。

なので、

「妊婦なので重たいものを持てなかったり、トラブルが起きるかもしれないが無理のない程度で働かせてほしい」

と伝えました。

しかし、上司からは、

「会社が決めたことだから、まずは安定期に入るまでは休むように」

と何度も言われました。

私にも生活があるし、これから子育てにどれだけかかるかもわからないので、できれば産休・育休を取得して職場復帰したいと上司には言いました。

上司はもともと知人ということもあり、その面も理解してくださって会社にも何度かかけあってくれました。

そうこうしているうちに、会社では上司の上司の方が転勤になるとの辞令が出ました。

それから、後任の方に代わると、それまでの自主的休職という話は消え去り、そのまま働いていいということになりました。

ですが、少しお腹が出てきた頃に、『そんなお腹でお客様の前に出るのは失礼じゃないだろうか』と会社の会議では出ていたようで、私の配属を変えることも話し合われていたようです。

お客様にはお腹が見えないように、カウンター越しの接客だとか、厨房内での調理補助への配置転換といったことのようでした。

今では妊婦が人前で働いているのなんて珍しくないと思いますし、そんなことを言われるなんて思ってもおらず、『私は接客が好きなのでこのまま続けたい』と伝え、会社の前例はないが、そのまま働いていいということになりました。

お腹も目立ち始め、お客様にも妊娠しているとわかられ始めましたが、嫌な顔する方はおられず、むしろ常連の方からはお祝いして頂いたり、安産祈願のお守りを頂いたり、とても良くしていただきました。

1 2次のページ
赤すぐnet みんなの体験記の記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。