ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

Google、YouTube向けの6秒動画広告フォーマット「Bunpers」を発表

DATE:
  • ガジェット通信を≫

Google は 4 月 26 日(現地時間)、YouTube 向けに「Bumpers」と呼ばれる 6 秒間の短い広告動画を作成できる広告フォーマットの提供を発表しました。Bumpers は AdWords オークションで販売される CPM 課金の動画広告で、6 秒間と短いものの、一度再生するとスキップすることはできません。Bumpers は既に一部の企業がパイロットテスト版を利用しています。発表によると、Atlantic Records や Audi Germany が Bumpers による動画広告を打っていたそうです。次の動画は Bumpers 広告のデモです。Google によると、Bumpers は 5 月にリリースされる予定で、まずは Google が個別に声をかけた広告出稿者が利用可能になる模様。Source : Google

■関連記事
Moto Xの2016年モデル?Snapdragon 820を搭載した「Motorola XT1650」がGeekBenchに登場
Google、YouTubeアプリの「ホーム」タブを刷新、ディープラーニング技術を活用した新レコメンドシステムも導入
Xperia XがPTCRBの認証を取得、まずは「34.0.A.1.205」ビルドのファームウェアが完成

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
juggly.cnの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。