ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

Google、YouTubeアプリの「ホーム」タブを刷新、ディープラーニング技術を活用した新レコメンドシステムも導入

DATE:
  • ガジェット通信を≫

Google は 4 月 26 日、YouTube アプリの Android 版の「ホーム」タブのデザインを刷新したと発表しました。YouTube アプリの「ホーム」タブには、広告動画やおすすめ動画、視聴履歴、再生リストなどの動画が表示されていましたが、今回のアップデートで、全ての動画が高解像度な画像と共に表示されるようになり、レコメンド機能も刷新されました。今回のアップデートで注目なのはデザイン変更よりもレコメンド機能の改善で、新たにディープラーニング技術を活用したシステムに刷新されています。Google はこの変更によって、登録チャンネルの情報に基づき、以前よりも関連性が高くて新鮮な動画がおすすめ動画としてユーザーに提案されるようになったとしています。Source : Google

■関連記事
Moto Xの2016年モデル?Snapdragon 820を搭載した「Motorola XT1650」がGeekBenchに登場
Google、YouTube向けの6秒動画広告フォーマット「Bunpers」を発表
Xperia XがPTCRBの認証を取得、まずは「34.0.A.1.205」ビルドのファームウェアが完成

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
juggly.cnの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。