体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

濃厚魚介豚骨のド真ん中!『濃厚魚介とんこつつけ麺』を食す 博多『ラーメン海鳴』@『最強ラーメンFes,』

unari006_R

『大つけ麺博プレゼンツ 最強ラーメンFes,』の最終週、第四陣もいよいよ佳境です。

全国から東京都ヤンチャ区町田市のシバヒロに、美味しいラーメンが集まるという事で、最終週の第四陣には多くのお客様にご来場頂き、誠に有り難う御座います。

「え? 町田でそんなイベントやってたの?」

という、うっかり者は自分の情報収集力のなさを胸に抱いたまま、次回も町田で開催されるかもしれない奇跡を願うしかありません。

『ラーメン海鳴』

unari017_R

福岡の博多から、はるばるやって来た『ラーメン海鳴』は、地元で4店舗を展開する実力店で御座います。

unari016_R

九州博多と言えば博多ラーメン、博多ラーメンと言えば九州博多でして、ぶっちゃけ

「え? 博多にも普通のラーメンあるの?」

みたいな印象の筆者で御座います。っていうか、「普通のラーメンが博多ラーメンだろ!」みたいな九州男児の声も聞こえて来そうですが、関東でのイメージはこんくらいなので御了承下さい。

『濃厚魚介とんこつつけ麺』を食す!

unari009_R

もともとが『大つけ麺博』のスピンオフ企画であるからか、微妙に“つけ麺”の勢力が強い『最強ラーメンFes,』で御座います。

しかも全国から名店が集まっているので、かなりの激戦が繰り広げられている事は間違いありません。

unari007_R

ということで、気になる『ラーメン海鳴』の『濃厚魚介とんこつつけ麺』ですが、そのお味はどんな感じでしょうか?

スープは流行りの濃厚魚介豚骨である!

unari008_R

つけ麺のスタンダードとも呼べる地位を確立した“濃厚魚介豚骨”ですが、この『ラーメン海鳴』は“二度炊き製法”でスープの炊き方がオリジナルだそうです。

しかし!

食べる側にとっては作り方よりも味の方が肝心なのは、言うまでもありません。

unari014_R

最近は濃厚魚介豚骨も超濃厚な“ドロ系”と呼べるほどのスープがありますが、この『濃厚魚介とんこつつけ麺』は、そこまでブリックスは高くないです。

それでも豚骨のボディと魚介の風味を合わせたスープは、つけ麺にはベストと呼べる仕上がりで食べる人を満足させてくれます。

1 2次のページ
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。
GetNews girl / GetNews boy

オスカー2018年晴れ着撮影会