ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

豪華な『濃厚伊勢海老鶏そば』を食す! つくば『活龍』@『最強ラーメンFes,』

DATE: BY:
  • ガジェット通信を≫

4週に渡って続いた『大つけ麺博プレゼンツ 最強ラーメンFes,』もいよいよラストスパートで御座います。

日本各地から集まった40店にも及ぶ有名ラーメン店は、それぞれ個性的なラーメンを提供してくれています。

そんな中でも“伊勢海老を使ったラーメン”となると、どんなラーメンなのか興味が沸いてくる人も少なくないと思います。

『つけめん らーめん 活龍』

茨城県のつくば市から来た『つけめん らーめん 活龍』(以後、活龍)は伊勢海老をスープに使うとの事で、海老好きな筆者的にも注目の店です。

さらに気になるのは専用の釜を使ったチャーシューで、多くの店が煮たり直火で焼いている中、この『活龍』は釜でローストする手間を加えて作っています。

『濃厚伊勢海老鶏そば』を食す!

すでに丼を運んでいる時点で伊勢海老の香りが半端ない『濃厚伊勢海老鶏そば』ですが、肝心の味の方はどうなんでしょうか?

ビジュアル的にはかなりシンプルな『濃厚伊勢海老鶏そば』ですが、ローストビーフのような窯焼きチャーシューと、ネギの青さが美しいですね。

決して華やかではありませんが、ラーメンとしての美味しさを感じるビジュアルと言えるでしょうか?

濃厚なスープが激旨である!

濃厚な鶏白湯に濃厚な伊勢海老のスープを合わせた『濃厚伊勢海老鶏そば』は、言うまでもなく超濃厚なスープに仕上がっています。

しかも!

伊勢海老というか海老の味噌の風味が強く、まさに伊勢海老感満点のスープに仕上がっています。

言うまでもなく、海老が苦手には人は絶対に食べられないラーメンですが、逆に海老が好きな人には是非とも試して欲しい『濃厚伊勢海老鶏そば』のスープです。

つくば製麺特製の細ストレート麺

濃厚なスープに合わせるのは『製麺』細ストレート麺です。

かなり強いスープなのでもう少し太くても良いかなと思うのですが、どんだけ麺が美味しくても「太麺は駄目!」って人も少なくないので、最大公約数的な意味ではこの麺が正解な気がしますね。

細麺ながらもコシがあるので、麺としては完成度も高いのですが、個性という点では微妙なので、評価としては普通かと存じます。

やはりチャーシューは釜で作るのがベストである!

昨今は”低温調理”された豚肉のチャーシューが美味しいとされていますが、究極的な美味しさを求めれば、焼き豚(チャーシュー)の原点とも呼べる釜を使ったロースト方式がベストではないでしょうか?

写真を見れば分かる通り、ローストビーフのような色のチャーシューは非常に美味しいですね。

茹でると肉の旨みもスープなどの液体に流れ出てしまいますが、低い温度(60~70度)でじっくりと釜の中で加熱すれば、豚肉から流出する旨みはほとんど無く、チャーシューの中に閉じ込める事が可能です。

無論、この方式で大量のチャーシューを作るのは、非常に手間と時間が掛かるので現在の”茹でチャーシュー”が普及したのですが、やはり味と言う点では釜で作るチャーシューには及びません。

しかも『活龍』では醤油麹に浸けた豚肉を使っているので、その美味しさは半端ありません。

『濃厚伊勢海老鶏そば』 総評

やはり鶏と伊勢海老を使ったスープが注目されてしまいがちですが、本当に凄いと思ったのは”釜焼きチャーシュー”ですね。

この『最強ラーメンFes,』では40種類のラーメン、つけ麺を全て食べた筆者ですが、チャーシューに関しては『活龍』が一番美味しかったと言っておきましょう。

それでは、是非みなさんも『濃厚伊勢海老鶏そば』を食べてみて下さい。

『最強ラーメンFes,』公式サイト
http://dai-tsukemen-haku.com/ [リンク]

『最強ラーメンFes,』会場、『町田シバヒロ』地図

―― 見たことのないものを見に行こう 『ガジェット通信』
(執筆者: YELLOW) ※あなたもガジェット通信で文章を執筆してみませんか

ガジェ通ウェブライターの記事一覧をみる ▶

記者:

ウェブサイト: http://rensai.jp/

TwitterID: anewsjp

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP