体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

浄水器のカートリッジ、ちゃんと換えている派が約6割も

浄水器のカートリッジ、ちゃんと換えている派が約6割も
浄水器のカートリッジ、ちゃんと換えている派が約6割も

一般社団法人浄水器協会によると、全国の浄水器普及率は40.5%(2015年調査)。ただ、これらの世帯が、適切なメンテナンスをしながら使えているのかは疑問だ。そこで今回、SUUMOジャーナル編集部は、「浄水器アンケート」を行った。

約3世帯に1世帯がキッチンに浄水器を設置している

全国の300世帯を対象に、浄水器を設置しているかどうかや、手入れをしているかどうかを尋ねた今回のアンケート。まず、そもそも浄水器や浄水ポット(以降、まとめて「浄水器」とする)をキッチンに設置しているかどうかを尋ねる質問には、33.0%が「はい」と答え、約3世帯に1世帯が、キッチンに浄水器を設置済みであることが分かった。

さて、その、「設置率」に、エリアごとの違いはあるのだろうか? 首都圏や関西圏、主要な地方都市などの都市エリアと、それ以外の地域とで見ると、都市エリアに住む世帯の設置率が38.0%なのに対して、その他のエリアに住む世帯の設置率は30.5%と、都市エリアの方が設置率が高い傾向が見られた(図1参照)。【図1】都市エリアの世帯のほうが、浄水器を設置している世帯の割合が約8ポイント高い(SUUMOジャーナル編集部)

【図1】都市エリアの世帯のほうが、浄水器を設置している世帯の割合が約8ポイント高い(SUUMOジャーナル編集部)

ただし、浄水器を設置していない世帯の人にその理由を尋ねたところ、都市エリアでも「特に水道水に問題を感じていない」という声がかなり見受けられ、その他のエリアでは「(その地域の水の)水質や味に誇りを持っている」という声が複数聞かれた。最近では、「水道水=まずい」というイメージが一般的かと思っていたが、水道水は思っていた以上に全国的に支持されているようだ。

Q.浄水器を設置していない理由は何ですか?(自由回答)

・水道水は別にまずくないし、余計なお金を掛けたくないから(神奈川県・男性)

・水道水で十分満足しているので(東京都・男性)

・福井の水はおいしい(福井県・男性)

・名古屋市の水道水はそのまま飲むのがおいしい(愛知県・男性)

コンパクトでラクに設置できる「蛇口直結型」浄水器が人気

浄水器を設置している人に、「どんなタイプの浄水器を設置していますか」と尋ねたところ、一番多かったのが、蛇口に取り付けるだけで使用できる上にコンパクトで場所を取らない「蛇口直結型」で、約6割と突出していた。次いで、カートリッジを取り換える頻度が1年程度で済む「据え置き型」が16.2%、設置の手間がかからず気楽に使える「ポット型浄水器(あるいは『浄水ポット』)」が12.1%で続いた。

Q. どんなタイプの浄水器を設置していますか(複数回答)

1位:蛇口直結型(62.6%)

2位:据置型(16.2%)

3位:ポット型浄水器(あるいは「浄水ポット」)(12.1%)

4位:水栓一体型(9.1%)

5位:元栓直結型(5.1%)

6位:分からない(1.0%)

カートリッジを定期的に交換しているのは約6割

浄水器は一定量の水をろ過すると寿命を迎えるため、定期的にカートリッジを取り換える必要があるが、浄水器を設置している世帯は、きちんとカートリッジを交換しているのだろうか? そこで「カートリッジを決められた時期に交換していますか?」と尋ねたところ、62.2%が「はい」と答え、約3世帯に2世帯が定期的にカートリッジを取り換えていることが分かった。

皆さん、意外と律儀に交換しているようだが、それはなぜなのだろうか?

Q.カートリッジを定期的に交換している理由を教えてください(自由回答)

・交換時期にピッピと鳴るようになっており、耳障りなのですぐに交換している(大阪府・女性)

・1年ごとに交換することになっているが、そこを敢えて11カ月で換えるように設定。交換時期をカートリッジに記入しておくので忘れずに交換できている(岡山県・女性)

1 2次のページ
SUUMOジャーナルの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。
GetNews girl / GetNews boy

オスカー2018年晴れ着撮影会