ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

58才女性記者が語る「私の美容整形10年の歴史」

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 一般的になってきたといわれる美容整形だが、その体験談を“顔出し”でする人はまだ少ない。そこで、女性セブンの名物記者“オバ記者”(58才)が、10年にも及ぶ自身の“整形記”を語った。

 * * *
「顔、イジっているよね?」と聞かれると、即座に「いや」と答えるオバ。メスが入っていなければ、イジったとはいえないというのが、オバ基準だ。

 そもそもの始まりは10年前。保険外で美容診療をしている病院のPRを始めた知人から、「シミ取りとイボ取り、しない?」と声をかけられたこと。子供の頃、鼻の横と唇のほくろが気になって、引っ張っているうちにイボ化し、どちらも顔をエグく見せていた。シミは若いころ、沖縄で人相が変わるほど日焼けをして、その跡が目の下に黒々と残った。

 そのどちらもきれいさっぱり、取ってくれるという。「痛くない?」と聞くと、「それほどでも」。手術台に乗って、顔の上でバチバチと派手な音が炸裂したが、音ほど痛くない。

 10日ほどでテープが取れると、顔はひと皮むけたよう。鼻の横のイボもなくなってみると、最初からなかったような気がして、鏡の中のさっぱりした自分の顔に満足した。

「何か、変わったよね?」

 茨城の同い年の友達がまじまじとオバの顔を見る。

「何か、した?」

 ねめるような、悔しそうなその視線を浴びて、オバのうれしかったこと。

「私もしようかな」

 事情を話すと友達は、いったん乗り出した身を、「でもなぁ」と元に戻した。

「口の横のほくろと、目尻のシミを取ったら親きょうだい、親戚だって黙っていないと思う。たとえ費用はひねり出せたとしても、田舎の理屈では、顔に細工をするのは“悪”なんだよ」

 このシミ&イボ取りが誘い水になったのかしら。その後、顔のむくみ取りマッサージだの、頭がい骨を圧迫して小顔をつくるだの、さまざまな体験をした。その最たるものが、手術用の糸をほっぺに通して、顔のたるみをこめかみに向かって上げるリフトアップだ。

「メスは入れないですよね?」

 顔に麻酔注射を打つ前に念を押したが、途中でそんなことはどうでもよくなった。注射に弱いオバは、ぎゆ~っと目を閉じる。顔の筋肉に力を入れるせいか、痛くてたまらない。それなのに出来上がれば、痛みを忘れてピンと張ったほっぺに満足した。

 上唇をほんの少しめくれ上がらせ、ほうれい線もヒアルロン酸注射で伸ばして、さて、お次は?

 まぶたの中では、理想の顔が完成している。自分がそのつもりになっているからかしら。テレビの前に座り、女優やタレントの顔が気になって仕方がない。

「むむむ、この人、前より口元が上がった気がするけど、もしや…」と思うと、即座にPCを開いてネットで過去写真を検索。結果、「やっぱりねぇ~」と腑に落ちるときはいい。疑惑が疑惑のまんま残ると、いつまでも喉に小骨が刺さったよう。

 このモヤモヤがある限り、「あの人、イジってると思う?」は、中年女の鉄板ネタなのだ。

※女性セブン2016年5月5日号

【関連記事】
ウイルス性のイボ 自分の皮膚上で広がったり人にうつることも
竹鶴政孝と妻・リタの名を冠にした缶入りハイボールが発売
女性が年齢をサバ読む心理、石原都知事「ババァ発言」の背景

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP