体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

旅が「失恋」した心を癒す。励ましの言葉をもらうよりも旅に出るべき理由とは?

旅が「失恋」した心を癒す。励ましの言葉をもらうよりも旅に出るべき理由とは?

「失恋」それは、長い人生で誰もが1度は経験するであろう辛い経験だと思います。

「もっと他にいい人がいるよ!」「この地球には、星の数ほど異性がいるんだぜ?」

こんな、ありきたりな励ましの言葉で元気になれるほど、「失恋」からはすぐに立ち直れません。

それは、今まで築き上げた思い出の数だけ重くのしかかってくると思います。

above-the-city-1287208_1920

photo by pixabay

実は、僕も世界一周前日に「失恋」しました。

何も喉を通らず、なのに吐き気がする。何もかもやる気が起きない。

どこかに逃げ出したくなる一方、どこにも行きたくない。

 

「失恋」した方の気持ちは痛いほど分かります。しかし、旅に出て2週間。

「本当に旅に出てよかったな。」と心から思える瞬間が多々あります。

今回は、“世界一周前日失恋男”の僕が、アナタの辛い失恋の特効薬は「旅」。ということを説明します。アナタは1人じゃありません!

 

人生には“山”と“谷”がある

iceland-413699_1920

photo by pixabay

皆さんもご存知の通り、人生には“山”と“谷”があり、それは代わる代わるやってきます。

全ての人にとって、“山”ばかりの人生も“谷”ばかりの人生もありません。

そういう意味を込めて、前回書いた「フィリピン留学から世界一周へ!旅の始まりは「しくじり」の連続だった」にて、「こんなに孤独を感じた夜はない」と記述しました。

 

「谷」はチャンス

monument-valley-53637_1280

photo by pixabay

谷はチャンスです!

新しいことが生まれるのはいつも“谷”。谷があるから、山を登ることも楽しめます。

人は再び山に登り、もう谷に落ちないように工夫をします。「歳を取るにつれ、なるべく谷には落ちたくない。」

だからこそ、多くの人がある一定の歳を過ぎると、挑戦しなくなるのではないでしょうか。

しかし人はいくら気をつけていても、再び“谷”に落ちます。

 

1番大切なのは、“谷”から抜け出す方法を知っておくこと!

image1-2

photo by Kazuki Kiyosawa

「谷から抜け出す方法」

それは今回の記事のテーマでもある「旅」をすることです。

山と谷とは、全く別の世界に飛び込んだり、行ったことのない場所や、見たことのない風景、会ったことのない人に出会うこと。

僕は、初めての東南アジア・フィリピンにて様々な新しい感情に出会いました。

 

野良犬、ニワトリ、飲めない水道水、タクシーに乗っていると果物を売ってくる男、バイクタクシーのキャッチ、信号機がないので命がけで渡る車道、ストリートチルドレン、スラム街…etc

今まで東京で培ってきた「常識」という分厚い殻を破り、新しい感情で毎日自分自身の価値観をアップデートしています。

この感覚が、新しい自分に出会うために必要なのです!

1 2次のページ
TABIPPO.NETの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。