ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

ピラミッド型の家に暮らすのも、イイかも!

DATE:
  • ガジェット通信を≫


これは、メキシコのデザイナー、Juan Carlos Ramos氏が描いたモダンなピラミッド形住宅のコンセプト。ビジュアルインパクトがかなり大ですが、住み心地も良さそうで驚きます。まずは外観をチェック!

「要塞感」が半端じゃない。




秘密基地から、最先端技術を詰め込んだ車でも出てきたかのようなSFっぽさ。しかも、こう見るとシンプルな3階建の住宅のように見えますが、外観からは想像がつかないほど複雑なフロア構造になっているのです。

以下、間取りを見てみましょう!

予想外の間取りビックリ



どんな内観になっているのか想像するだけで頭がこんがらかってきますが、内訳はこちら。

1.エントランス
2.リビング・ダイニング
3.キッチン
4.レコーディング・スタジオ
5.通路
6.ガレージ
7.通路
8.バスルーム(プール付き)
9.ベッドルーム
10.バルコニー
11.ベッドルーム
12.ライブラリー

各階にはそれぞれ下記のように部屋が分かれています。

ありそうでなかった発想ですよね。それに、予想以上に快適そうじゃありませんか!4人住まいを想定して設計されており、そのスケスケ感にはドキドキするものの、こんな選択肢もアリかも?と思わせてくれる魅力があります。カーテン選びには困っちゃいそうですけど。

Licensed material used with permission by Juan Carlos Ramos Figueroa

関連記事リンク(外部サイト)

母親があなたの最初の友達であり、最高の友達である10の理由
いつもうまくいく人の「感情の整理術」 今すぐできる9つのステップ
「人生というゲーム」を最高に楽しむために知っておくべきルール7つ

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
TABI LABOの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP