ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

突然、BARのトイレの鏡から謎の男が語りかける。「衝撃の事実」に酔いが覚めたワケとは?

DATE:
  • ガジェット通信を≫


ここは、ロサンゼルスのとあるバー。いつものように、酒を飲んで上機嫌な客たちで賑わっている。

突然、トイレの鏡から
語りかけてきたのは…?


客のひとりがトイレで手を洗っていると、目の前の鏡に異変が…。自分自身が映っているいるはずのそこから、見知らぬ男が語りかけてきたのだ。

客の男性:「これって何かの冗談?」

鏡:「そうだったら良かったんだけどね。あの日、君と同じように僕は酒を飲んだ。そして車に乗って…人を殺してしまったんだ」

交通安全のキャンペーンと気づいてか、最初はもの珍しそうにしていた客の男性も、話を聞くにつれて次第に表情が曇っていく。

鏡の向こうの彼は、続けてこう語りかける。

「僕が殺したのは警察官だった。彼には家族がいた。子どもが4人、それに妻。酒を飲むことを選んだのは僕だ。車に乗ることを選んだのも…。君には同じ選択をしないで欲しいんだ」

鏡の彼は
「交通事故」の加害者だった

鏡の中男の名前はKris Caudilla、26歳。ある夜、彼はバーの帰り道に飲酒運転で道路を逆走、警察官を轢き殺してしまった。彼に下された判決は懲役15年。今も、フロリダ州刑務所の中にいる。

このサプライズは、交通事故による死亡者をなくすために活動している団体「We Save Lives」の活動の一環だ。カメラやプロジェクターを駆使して、フロリダの刑務所にいるCaudilla氏の映像を鏡の中に映し出し、マイクを仕込んでバーの客とリアルタイムで会話できるようにしたもの。

プロジェクトは「Reflection From Inside(内なる反射)」と題されている。そのタイトル通り、鏡に映ったCaudilla氏の姿は、酒を飲んだ客の未来の姿かもしれない。

Caudilla氏は、このプロジェクトへ参加した動機をこう語っている。

「毎日考えるのは、自分が殺してしまった人、そして彼の家族について。だから、酒を飲んで車に乗らないよう、誰かに伝えたいと思ったんだ」

彼は、最後にこう問いかけた。

「いいかい、鏡をよく見るんだ。そして考えてほしい。今日は運転して帰るべきかい?」

何人もの客が、同じ答えを返した。その内容はもはや語るまでもないはずだ。

Licensed material used with permission by We Save Lives

関連記事リンク(外部サイト)

【衝撃の真実】ドローンが暴いた、世界最大級・豚肉生産のリアル
Apple社ティム・クックCEOが、FBIの捜査協力要請を拒む理由
世界初の「マンメイド(人工)ラグーン」が、潮力発電の未来を担う!?

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
TABI LABOの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP