ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

「レヴェナント」の音楽を担当した坂本龍一 「監督からのリクエストが膨大だった」

DATE:
  • ガジェット通信を≫


J-WAVE月曜〜木曜午後の番組「ACCOUSTIC COUNTY」(ナビゲーター:坂倉アコ)。4月25日(月)のオンエアでは、映画「レヴェナント:蘇えりし者」の音楽を手掛けた坂本龍一さんに話を聞きました。

坂倉アコが「『レヴェナント』はセリフが少なく、もがき苦しむ主人公(レオナルド・ディカプリオ)の“言葉のない叫び”がすべて坂本さんの音楽で表現されていますよね」と感想を伝えると、「主人公がクマに襲われて瀕死の重傷を負ってしまうので、動けないし話せなくて、その分音楽の占める役割も大きいし、実際長く使われているんですよね。2時間36分の映画なんですけど、2時間分くらいの音楽があって、通常の映画音楽よりも相当長い」(坂本さん)と、この映画における音楽の役割を教えてくれました。

「今回、アコースティック音楽と電子音楽を重ねて作られたということですが、曲作りはいかがでしたか?」という坂倉の質問には、「大変でしたね…。一筋縄ではいかないというか…、1曲1曲作るのにすごく時間がかかるんですよ。いろんな音を積み重ねていかないといけなくて、ピアノで1回で弾けるような音楽だったらラクなんですけど、かなり複雑に音を重ねていくので、1曲作るのに本当に時間がかかりました」と坂本さん。

また、監督のイニャリトゥ氏から、かなり膨大なリクエストがあったそうで、「彼はすごく明確なビジョンがあって『ここにはこういう音楽』『これくらいの長さで』と1秒より短いくらいの時間まで指定があり『この瞬間にはじまってこの瞬間に終わる』『ここで変化して!』とものすごく細かい。そういう人は他にもたくさんいますけど、かなり完璧主義者なので、それに合わせていくのも大変は大変でした」と苦労した点を語ってくれました。

最後に、映画音楽を作るときに大切にしていることを聞いてみました。

「音楽が主張しすぎないことかな。寄り添うっていうかね、音楽だけが目立つような映画はあまり好きじゃないし、映画あっての音楽なので」(坂本さん)

実際に映画を観た坂倉曰く、「観た後も1時間くらい、この世界から抜けられなかった」とのこと。

まだ観ていない人は、GWに要チェックです!

【関連サイト】
「ACCOUSTIC COUNTY」オフィシャルサイト
http://www.j-wave.co.jp/original/acoustic/

カテゴリー : エンタメ タグ :
J-WAVEニュースの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP