ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

「シルク・ドゥ・ソレイユ」東京公演で日本人が大活躍!

DATE:
  • ガジェット通信を≫


J-WAVE月曜〜木曜の朝の番組「J-WAVE TOKYO MORNING RADIO」(ナビゲーター:別所哲也)のワンコーナー「SUNSTAR Ora2 MORNING INSIGHT」。4月26日(火)のオンエアでは「シルク・ドゥ・ソレイユ」の日本人アーティスト、宮海彦さんをお迎えしました。

そもそも「シルク・ドゥ・ソレイユ」は1984年に、カナダの小さなサーカス集団としてスタート。今や50カ国以上から集まった4,000人のアーティストとスタッフを抱える世界的なエンターテインメント集団へと成長し、これまでに世界400都市を巡っています。

5歳から体操をはじめ、体操の選手だった宮さん。大学卒業後、体操とは別の世界に進もうと、青年海外協力隊でパナマ共和国に2年間行ったそうです。その期間が終わり、アメリカで働いている間にもう一度、精神的にも肉体的にもチャレンジしたいと思い「シルク・ドゥ・ソレイユ」にハマったと言います。

宮さんが自己紹介用に送った映像がアクロバットディレクターの目に止まり、「シルク・ドゥ・ソレイユ」の本社のあるカナダのモントリオールで8カ月間トレーニング。これは珍しい例だそうですが、「シルク・ドゥ・ソレイユ」ではたくさんの日本人が活躍していると言います。

「シルク・ドゥ・ソレイユ全体で日本人は29人いて、東京公演の最新作『トーテム』では、公演数が多いので3人が参加しています」(宮さん)

体操選手時代からの知人が「シルク・ドゥ・ソレイユ」に参加することもあるのだとか。

最後に、あらためて「シルク・ドゥ・ソレイユ」の魅力をお聞きしました。

「シルク・ドゥ・ソレイユは、ショーによってテーマが異なります。『トーテム』は進化をテーマにしていて、人類がどう生まれてどう進化していくのかというのを、サーカスと映像を駆使して表現していきます。また『トーテム』は極限までシンプルな構成にすることにこだわりました。じっくりと一つの演目を見られるのも醍醐味です。また、プロジェクションを使った綺麗な映像にも注目してください」(宮さん)

宮さんはカエルの役。メイクに1時間をかけ、オープニングから飛ばしているそうです。「トーテム」を鑑賞した別所も「オープニングからまばたきしちゃダメ!」と注意をうながしました。

メイク、衣装、サウンド、照明、映像、そしてパフォーマンス…エンターテインメントのすべてがつまっている「トーテム」は6月26日(日)まで東京・台場「ビッグトップ」で公演中です。

【関連サイト】
「J-WAVE TOKYO MORNING RADIO」オフィシャルサイト
http://www.j-wave.co.jp/original/tmr/index.html

カテゴリー : エンタメ タグ :
J-WAVEニュースの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP