ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

GWのお出かけに♪簡単かわいいキッズヘアアレンジ

DATE:
  • ガジェット通信を≫

海外では定番のヘアアレンジ“シューレースブレイド”

僕はSNSを通じて海外のアーティストと交流することが多いんですが、国内にはない自由さや、クリエイティブな発想にはとても刺激を受けています。そして海外のアーティストがモデルに使うのは、プロでもファショニスタでもブロガーでもなく、子供が多いんです。
キッズヘアアレンジの醍醐味は、子供だからこその派手さと遊び心。大人だと躊躇してしまいそうな、パステルカラーのアクセやハートやリボンなど、主張が強いデザインも許されます。
今回はそんなデザインから、海外では定番の“シューレースブレイド”を解説します。

 

簡単にできるダッチブレイドを使ったアレンジの手順

必要なテクニックはダッチブレイド(裏編み込み)のみ。
①好きなポジションで毛束を取って、3つに分ける。
②右端と真ん中の2つを上から持って…
③手のひらを上に返して交差させる。反対側も真ん中と左端の毛束をクルっと返す。これを交互に続けると裏編みの完成。
④編み込む場合は、端にくる毛束と進行方向の毛束を合わせて同じ動きを続けるだけ。
下に毛束を重ねていくのが裏編み込みですが、このやり方だとイメージしやすく見失いにくいのでオススメです。
今回はもう1本隣に裏編みを頑張って作りましょう♪
次はシューレースつまり靴紐なので、編み込みにお気に入りのリボンを通します。写真のようにピンを使うとやりやすいですよ。リボンの通し方は自由です。今回みたいにクロスさせるのも良いし、星形に通しているデザインも見かけました。お子様をビックリさせてあげましょう!

 

キッズアレンジの大事なポイント

子供のヘアアレンジで僕が意識していることは「痛くないこと」と「崩れにくいこと」。
痛くないは絶対大事。「可愛くなるから我慢しなさい!」とか言ったらダメですよ。崩れにくいに関しては限界がありますね、正直(笑)子供と言えどもレディですから、気になって触っちゃいます…そんな時でも温かく見守りましょう。
最近は明るめの髪質のお子様も多いですが、基本的にダークトーンで髪は少な目が多い傾向にあります。あまり細かい編み込みをすると地肌が見えたり、編み過ぎてゴツゴツになったりで仕上がりがイマイチ。子供も大人トレンドと同じ抜け感が大切ですよ♪

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
AUTHORs JAPAN BEAUTYの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP