ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

パキスタン伝統音楽家たちがジャズに挑戦、音楽ドキュメンタリー『ソング・オブ・ラホール』今夏公開

DATE:
  • ガジェット通信を≫

パキスタン伝統音楽の熟練音楽家たちが、ニューヨーク・ジャズに挑戦する姿を追った音楽ドキュメンタリー『SONG OF LAHORE』が、日本公開タイトル『ソング・オブ・ラホール』として今夏、東京・渋谷ユーロスペースほかにて公開される。

かつて芸術の都だったパキスタン・イスラム共和国の街ラホール。タリバンにより音楽を禁じられ、世間から忘れ去られた熟練音楽家たちが、自分たちの音楽と聴衆を取り戻すため、畑違いのジャズに挑戦し世界に打って出た。彼らが伝統楽器を用いてカバーした「テイク・ファイヴ」のプロモーション映像はまたたく間に世界を駆け巡り、100万を超えるアクセスを記録。その噂を聞きつけ、天才トランペット奏者のウィントン・マルサリスの招待で、彼が率いる本場NYのビッグバンドと共演することになる。

故郷ラホールからニューヨークへ。パキスタンで文化が委縮し続ける中、居場所を失った芸術と観客を取り戻すため立ち上がった“サッチャル・ジャズ・アンサンブル”の超絶演奏が世界中を虜にするまでの紆余曲折を追うドキュメンタリー。再起をかけた音楽家の、奇跡の一夜が幕を開ける。監督は、本年2度目のアカデミー賞短編ドキュメンタリー賞を受賞したパキスタン人女性シャルミーン・ウベード=チナーイと、ニューヨーク在住のアンディ・ショーケンが務め、音楽への愛に溢れる彼らの人生と圧巻の演奏をカメラに収めた。

この度解禁されたポスタービジュアルには、パキスタンの伝統楽器を手にする熟練音楽家と、本場NYのジャズバンドが融合し、今にも体が動き出したくなる様な音色が伝わってくる様子が描かれる。さらに、デューク・エリントンの名曲をもじった「スウィングしなけりゃ“あと”がない」の文字も相まって、伝統音楽を必死で守ろうとする彼らの意気込みが伝わってくるビジュアルとなっている。

リリース情報
映画『ソング・オブ・ラホール』
今夏渋谷ユーロスペースほか全国順次ロードショー。
監督・製作:シャルミーン・ウベード=チナーイ、アンディ・ショーケン
出演・音楽:サッチャル・ジャズ・アンサンブル、ジャズ・アット・リンカーンセンターwithウィントン・マルサリス
2015年/カラー/DCP/82分/ウルドゥー語、英語/アメリカ/原題:Song of Lahore http://senlis.co.jp/song-of-lahore/
配給:サンリス、ユーロスペース/宣伝:サンリス/宣伝協力:与左衛門、ポイント・セット ©2015 Ravi Films, LLC

カテゴリー : エンタメ タグ :
Musicman-NETの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP