体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

旅祭2016に「Goose house」らの出演が決定!第2弾アーティスト発表!

旅祭2016に「Goose house」らの出演が決定!第2弾アーティスト発表!

2016年8月11日(木・祝)に開催される「旅」の野外フェス旅祭2016が、第2弾出演アーティストを発表しました!

今回発表されたのは、Goose house、ちゃんへん、ヨシダナギの計3組。

旅の野外フェス「旅祭」とは?

DET_5374

1年にたった1度だけ、旅好きが世界中から集まる「旅」のお祭り、それが “旅祭” です。

大きな空の下、気持ちの良い潮風に吹かれながら、芝生にごろんと寝っころがって、 まるで旅をしているかのような自由な時間を楽しむことができます!

スクリーンショット 2016-04-26 12.30.45

 

第2弾出演アーティストが発表!

Goose house/ライブ

2015011613437

7人のシンガーソングライターが所 属するユニット、Goose house(グースハウス)。

小さな部屋の隅っこから世界に音楽を届けようと始まったこの活動は、SNSを基盤とすることで、10~20代中心に広がり始めている。

カバー曲を中心に展開させる USTREAMを使用した配信ライブでは、2万人の同時視聴。

 

Youtubeチャンネルでは約 170万人が登録し、動画の総再生数は7億9千万回を越えている。

オリジナル曲「光なら」は iTunes で3部門で1位を獲得。光ならを収録したアルバム 「MILK」 は週間オリコンチャートでは8位を記録。

 

ちゃんへん./パフォーマンス

130221_IMG0532

ジャグリングを用いて、これまで世界64の国と地域で公演を行った世界的パフォーマー「ちゃんへん.」。

デズモンド・ツツやマイケル・ジャクソンなど、数々の著名人の前でもパフォーマンスを披露する一方、飢えや貧困、紛争や難民などの社会問題を抱える国や地域でも積極的に公演を行う。

彼が評価される最大のポイントは、唯一無二のショースタイルと世界屈指のオールラウンダーという2点にある。

 

圧倒的なスキルと驚異的なスピードを兼ね備え、アップテンポな音楽と共にノンストップで次々と繰り広げられる連続技に特徴を持つ。

もう1点は、一度のパフォーマンスで10種類以上の演目を高水準で行うオールラウンダーという点である。

また、メインのディアボロの種目においては数々のコンテストで賞を受賞するほどのスペシャリストでもある。

 

ヨシダナギ/トーク

nagi_profile pic (1)

1986年生まれのフォトグラファー。アフリカ人への強烈な憧れを幼少期から抱き「 大きくなったら自分もアフリカ人のような姿になれる 」と信じて生きるが、自分が日本人だという現実を両親から突き付けられ、10歳の時に大きく挫折する。

1 2次のページ
TABIPPO.NETの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。