体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

これ……牛肉じゃないんですか!? 北海道で「エゾ鹿」を様々な料理で味わえるレストラン

これ……牛肉じゃないんですか!? 北海道で「エゾ鹿」を様々な料理で味わえるレストラン f:id:mesitsu_lc:20160311100208j:plain

いきなりですが、

『鹿、食べると最高にうまいです』

ということで今回の舞台は道北のマチ、鷹栖町に行ってきました!

鹿肉の解体業者がすぐ横でレストランを開いているそうなのです。

その名も「山恵」。

こんなお店は全国的にも珍しいはず。早速調査してきました。

旭川空港から車で40分

f:id:mesitsu_lc:20160311110839j:plain

人口およそ7,200人のマチ、鷹栖町。電車が通っていないため車で向かいます。

道中は今にも鹿が飛び出してきそうな雰囲気です。

f:id:mesitsu_lc:20160311110841j:plain

広大な北海道を舞台に食べ歩き。メシ通レポーターの裸電球です!

あたりは真っ白な大雪原。

せめてもの救いは、赤のジャンパーを着てきて大正解でした。

(除雪中のおばちゃんをつかまえて撮ってもらっています)

f:id:mesitsu_lc:20160311110842j:plain

極寒の鷹栖町。命の危険を感じるほどの寒さ−14度です。

北海道ではこんな日を「鼻毛が凍る」と表現します。

鹿肉料理が味わえる「山恵」はここからさらに山奥へと進みます。

寒いというより、痛い!

f:id:mesitsu_lc:20160311110840j:plain

家と家との距離が遠い、まさに北海道な光景が広がります。

「地吹雪」と呼ばれる現象が起きるのも鷹栖町のキケンな名物。

降ったばかりの軽い雪が風で舞い上がり、視界を真っ白に覆うのです。

車を走らせるにつれて、どんどん集落も減っていき、若干不安に。

まわりを山に囲まれたのどかな場所

f:id:mesitsu_lc:20160311110859j:plain

到着しました! こちらが山恵さん。お洒落な外観ですね。

店内はレストランだけではなく、鹿肉の販売もしています。

f:id:mesitsu_lc:20160421174012j:plain

様々な部位の鹿肉を使った料理が並びます。ステーキにハンバーグ、スープカレーまでありますよ。これには鹿も自分のポテンシャルの高さに驚いているのではないでしょうか。期待が高まります!

店長の荒田さんにお話を伺ったところ、

鹿肉初心者にオススメのメニューがあるとのこと。

「粗挽き鹿肉のラグーソースパスタ 864円」それをお願いします!

f:id:mesitsu_lc:20160311110904j:plain

お料理ができるまで、美味しそうなジャーキー!ビールに合いそうな商品のコーナーを見つけて物色開始。

夜は鹿ちゃんをつまみに一杯やりますか。

すると店員さんが一言。

f:id:mesitsu_lc:20160311110901j:plain
1 2次のページ
グルメ
メシ通の記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。