ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

ドレイク、恒例の【OVO】フェスおよびフューチャーとのツアーを発表

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 ドレイクが今夏の計画について大きく2つの発表を行った。4月24日のツイッターにて、アルバム『What a Time To Be Alive』でコラボしたフューチャーと【Summer Sixteen】ツアーを行うこと、そして第7回となる自身の【Drake’s OVO Festival】の開催を発表している。

drake.jpg

 2月にリリースし“Hot R&B/Hip Hop Songs”チャートで1位を記録した曲のタイトルを冠した【Summer Sixteen】ツアーは、7月20日のオースティン公演を皮切りに9月17日のバンクーバーでの最終公演まで主要都市をまわるもの。自身のレーベル“OVO Sound”のRoy WoodsやDVSNに加え、スペシャル・ゲストによるパフォーマンスもあるようだ。

 また、7月29日から8月1日にかけてトロントで開催される【OVO Festival】は、エア・カナダ・センターを会場にスター・ラインナップによるパフォーマンスが行われる。“OVO Bounce”パーティの開催や、【High Road】ツアーを一緒にまわっているスヌープ・ドッグとウィズ・カリファによるヘッドライニング・ステージも予定。31日には、ドレイク自らステージに立つつもりだ。同フェスには過去にディディ、アウトキャスト、YG、ビッグ・ショーン、J.コールなどが出演している。

 【Summer Sixteen】ツアーのチケットは4月29日からライブ・ネイションで販売開始。同日、ドレイクの4thスタジオ・アルバム『Views from the 6』がリリースされる。

関連記事リンク(外部サイト)

ドレイクがニューアルバム『Views From the 6』のリリース日を発表
リアーナ&ドレイクの「ワーク」が米シングル・チャートを制す
ザ・ゲーム 全米2位記録!ドクター・ドレー、ドレイク、ケンドリックら参加の最新作が2枚組特別仕様で発売

Billboard JAPANの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP